【2022年最新】元銀行員が500万円の投資でおすすめの資産運用先を比較!

  • 本記事のランキングに掲載の投資先について

    本記事では様々な資産運用先を紹介しておりますが、クローズドな資産運用先は投資方法などの詳細情報が公開されていません。資産運用先に関するご質問やご相談がありましたら、LINEメールで私までお問い合わせください。

500万円程のまとまった金額を資産運用する場合、投資先の選択肢は非常に多くなります。

少額から始められる投資は積立NISAやiDeCo(個人型確定拠出年金)など、政府が推し進めている資産運用がわかりやすいと思います。

しかし、まとまった資金の投資先は選択肢が多すぎる上に、証券会社などで勧められる金融商品は手数料の割に利回りが低かったりと悩ましいですよね…。

そこで元銀行員として公平な目線で500万円の資産運用先を徹底検証してみました!

PB池田
信託銀行のプライベートバンカーが富裕層向けに紹介しているような非公開の資産運用先も今回の検証対象としました。
  • 500万円の資産運用先を選ぶときに押さえるべきポイント
  • 2022年最新のおすすめ資産運用先ランキング
  • 何に投資すればいいか迷ったら選ぶべき資産運用先

本記事の構成は上記の通りですが「早くおすすめの資産運用先を見たい!」という場合は、以下のリンクをクリックしてください。

\全19種類の資産運用先を徹底比較しました!/

今すぐ500万円の資産運用先へGO!

この記事を書いた人
プライベートバンカー
PB池田
関西出身で外資系コンサル会社に勤める40代の個人投資家。前職は銀行員だったが、転職を機に本格的な資産運用を始める。証券アナリスト・プライベートバンカーの資格を有しており、現職では大手金融機関へのアドバイザリーに従事。職業病で徹底的にリサーチしないと投資できない性格で、ブログでは様々な資産運用先を紹介している。2022年現在、自身の運用資産は7,000万円を超える。

500万円を投資して資産運用するときにポイントとなるのは3点!

前提として、各投資家の状況によって何が良いかは違ってくるので「全ての投資家にとって最適な資産運用先は存在しない」ということをご理解ください。

その上で、資産運用先を検討する際に少なくともこれだけは押さえておいた方が良いという重要なポイントが以下の3点です。

  1. 利回りの期待値がインフレ率を上回る資産運用先
  2. リスクとリターンのバランスが良い資産運用先
  3. 投資後に手間のかからない資産運用先

まずは、この3点について詳しく解説していきます!

利回りの期待値がインフレ率を上回る資産運用先

資産運用先の利回りの期待値がインフレ率を上回っているのかは非常に重要です。

コロナショックから世界経済が力強く回復する傾向にありますが、一方で物価上昇への懸念も広がっています。

実際に自動車から食品、コンピューター製造まで、世界中の企業が原材料価格の急上昇に警鐘を鳴らしている状況です。

もちろんこれは大企業だけに降りかかる問題ではなく、家具など日用品を購入する消費者の財布にも影響が出てくることでしょう。

仮に政府が掲げるインフレ率2%が達成されて、その間に500万円を定期預金に預けていると図のようにお金の価値が目減りします。

今後、どの程度インフレになるのかはわかりませんが、最低でも年率3~5%以上の資産運用先に投資しましょう!

リスクとリターンのバランスが良い資産運用先

資産運用において過度のリスクを負っていたり、リスクを抑えすぎてリターンが低すぎると良い投資とは言えません。

自身のリスク許容度や投資経験で選ぶべき資産運用先は変わりますが、適切なリスクとリターンとなっているか考えましょう。

上図は私の経験から、一般的な資産運用先のリスクリターンをイメージ化したものなので、ご参考にしてください。

個人的には「ローリスクローリターン」と「ハイリスクハイリターン」は避けるべきだと思っています。

リスクリターン オススメ度 理由
ミドルリスク
ハイリターン
リスクを一定に抑えながらハイリターンを見込める
ミドルリスク
ミドルリターン
見極めが必要であるが適度なリスクリターン
ローリスク
ローリターン
リスクは低いが資産が目減りする
ハイリスク
ハイリターン
魅力的なリターンだが破綻可能性あり
PB池田
ミドルリスクハイリターンがバランスの良い資産運用先ですね。

投資後に手間のかからない資産運用先

資産運用の基本は投資後に手間や頻繁に知識をアップデートする必要のないものに投資することです。

投資をライフワークとしてやっていくんだ!というわけでなければ、資産運用に仕事や趣味の時間が削られては意味がないですよね。

経済的自由を目標として株やFXで運用して「FIREした!」と言っているのに、引き続き株やFXで手間をかけて運用している人を見かけます。

これは果たして経済的自由なのでしょうか…?

資産運用は人生を豊かにするために行うので、仕事や家庭や趣味の時間と両立できるのがベストだと思います。

PB池田
資産運用先を検討するためにはじっくりと時間をかけるべきですが、運用が始まれば手が離れる投資方法を選びましょう!

500万円の投資対象として検討した資産運用先一覧はこちら!

資産運用先 利回り リスク 手間 知識
国内ヘッジファンド
9.6

非常に高い

ミドル

ほぼ無し

ほぼ不要
投資信託(アクティブ)
9.1

非常に高い

ミドル

ほぼ無し

少し必要
IPO株投資
8.9

非常に高い

ミドル

少しかかる

少し必要
投資信託(インデックス)
8.5

高い

ミドル

ほぼ無し

少し必要
REIT
8.3

非常に高い

ミドル

少しかかる

少し必要
ロボアドバイザー
8.0

低い

ミドル

ほぼ無し

ほぼ不要
変額保険
7.4

低い

ミドル

少しかかる

少し必要
金投資
7.2

低い

ミドル

少しかかる

少し必要
ソーシャルレンディング
6.8

高い

ミドル

大変

必要
定期預金
5.0

非常に低い

ロー

ほぼ無し

ほぼ不要
国債
4.7

非常に低い

ロー

少しかかる

ほぼ不要
社債
4.3

低い

ロー

大変

かなり必要
外債
4.1

低い

ミドル

大変

必要
外貨預金
3.7

低い

ミドル

大変

かなり必要
国内株式
3.0

非常に高い

ハイ

非常に大変

かなり必要
海外株式
2.8

非常に高い

ハイ

非常に大変

かなり必要
FX
2.5

非常に高い

ハイ

非常に大変

かなり必要
先物取引
2.2

非常に高い

ハイ

非常に大変

かなり必要
仮想通貨
1.8

非常に高い

ハイ

非常に大変

かなり必要

500万円の資産運用先を利回り、リスク、手間、知識の4指標で評価して、ランク付けを行いました。

万人に当てはまるわけではないですが、今回のランキングはリスクリターンのバランスが良く仕事や家庭に支障ない資産運用を意識しています。

PB池田
一発逆転を狙うような投機がしたいのであれば、ハイリスクな投資を自己責任で行ってもいいと思います。

ランキング上位の資産運用先ではおすすめの投資先も紹介しているので、ご参考にしてください!

【2022年最新】元銀行員がおすすめする500万円の資産運用先ランキング!

ここからは500万円のおすすめ資産運用先TOP3について、投資の概要と元銀行員としておすすめする理由を解説します。

それでは1位から順に見ていきましょう!

PB池田
実際に私も投資して収集した情報をもとに、2022年現在おすすめの投資先も紹介しています。

国内ヘッジファンド

総合評価
9.6
利回り
非常に高い
リスク
ミドル
手間
ほぼ無し
知識
ほぼ不要

ヘッジファンドの概要

ヘッジファンドとは、あらゆる投資手法を試みてどんな市場環境であっても利益を出すことを目的とした絶対収益追求型のファンドです。

ヘッジファンドの「ヘッジ」とは直訳すると「避ける」という意味で、リスクを抑えながら高リターンを目指しています。

集めた資金で運用する投資ファンドという点は投資信託と同じですが、以下のようにファンドの性質は大きく異なります。

比較項目 ヘッジファンド 投資信託
投資方針 市場に関係なく利益を追求 市場と連動した利益となる
最低投資額 1,000万円~1億円
※国内では100万円も存在
1円
募集方法 私募 公募
顧客層 富裕層・機関投資家
※最近では一般の個人投資家も増加
一般の個人投資家
手数料 成功報酬 信託報酬

例えば、株に投資している投資信託であれば、一般的には市場が上がれば利益が出て市場が下がれば損をします。

ヘッジファンドであれば、積極的にショートポジションやレバレッジを活用して下落相場でも利益を追求していきます。

また、ヘッジファンドの手数料は成功報酬であることが多く、ファンドの成績が利益に直結するので運用のモチベーションが高いと言われています。

投資信託は広く一般に公募されていますが、多くのヘッジファンドは一部の富裕層や金融機関などの機関投資家を対象とした私募です。

公募の投資信託は目論見書や有価証券報告書などを発行する義務がありますが、ヘッジファンドは私募のため必要ありません。

その分、厳しい規制を受けず柔軟な運用戦略を立てることができるので、ミドルリスクでハイリターンを目指せるという面があります。

PB池田
今までは富裕層や機関投資家といった一部の投資家しか投資できませんでしたが、近年は一般の個人投資家が投資できるファンドも増えてきました。

元銀行員がヘッジファンドをおすすめする理由

メリット
  • リターンが非常に高い
  • 市場に関係なく利益を追求できる
  • 投資後に手間がかからない
  • 多くは手数料が成功報酬
デメリット
  • 最低投資額が高い
  • 情報が少ない

ヘッジファンドは高リターンが期待できるうえに下落相場でも利益を追求できるので、500万円の資産運用先として最優秀です。

一般的にヘッジファンドの目標リターンは年間15%以上ですが、優秀なファンドであれば年間40%~60%というハイパフォーマンスもあり得ます。

もちろん、個人で株やFXに投資しても同水準を達成できる可能性はありますが、その分リスクも非常に大きいですよね。

ヘッジファンドは大量の資金を運用して様々な投資手法を駆使するので、個人投資よりも圧倒的にリスクヘッジできているのです。

ヘッジファンドもピンキリですが、直近ではコロナショックを乗り越えて継続して利益を出せているファンドも多数存在します。

PB池田
実際に私が投資している投資先は5年以上にわたって、年間40%以上の高リターンを継続しています。

こんなに良い資産運用先なのであれば、何故みんな投資していないの?と思われますよね。

実は金融機関などの機関投資家や海外の富裕層からすれば、ヘッジファンドは株や投資信託と並んで一般的な資産運用先です。

それでも一般の個人投資家があまり投資できていないのは、最低投資額が高額なことと日本国内では情報が非常に少ないからです。

ただし、近年では日本国内でも実力のあるヘッジファンドが出てきて、投資界隈ではかなり人気の資産運用先となっています。

また、海外ヘッジファンドの最低投資額は数千万円~数億円ですが、国内では100万円からと個人投資家向けのファンドも存在しています。

なぜ海外ではなく「国内」ヘッジファンド?
「海外」ヘッジファンドには2つの高いハードルがあります。

ハードル①最低出資額が1億円を超える

利回りの良い有名ファンドでは、最低出資額が1億円を超えるのが当たり前です。

中には金融機関などの機関投資家でないと受け付けていない場合もあり、個人ではよほどのコネクションがないと相手にしてもらえません。

数百万円~数千万円くらいの個人運用では、まず手が届かないですね…。

ハードル②英語でのやりとりが必須

私の知る限りでは、日本語でやりとりのできる海外ヘッジファンドは存在しません。契約には英語が必須となります。

あまり英語には抵抗ないよって場合でも注意が必要です!

多額の資金を預けるわけですから、気になることは細かいところまで全て聞いておきたいですよね。

スキームの説明など金融の専門用語を英語で理解できるレベルとなると相当限られるのではないでしょうか。

このように海外ヘッジファンドはとても魅力的ですが、投資ハードルがとても高いのです。

国内ヘッジファンドおすすめ投資先TOP3

第1位ベイビュー・ アセット・マネジメント
第2位エピック・パートナーズ・インベストメンツ
第3位エアーズシー証券

ヘッジファンドは私募なので、過去実績や最低投資額などの情報を公式HPなどでは開示していません。

そのため、国内ヘッジファンドに投資したいと思ってもどのファンドに投資するべきか迷ってしまいますよね?

今回は私が実際に面談したり資料請求して集めた情報をもとに、国内ヘッジファンドの中でもおすすめの投資先をランク付けしました。

PB池田
なかなか情報の少ない国内ヘッジファンドですが、投資検討の判断材料になれば幸いです。

投資信託(アクティブファンド)

総合評価
9.1
利回り
非常に高い
リスク
ミドル
手間
ほぼ無し
知識
少し必要

投資信託(アクティブファンド)の概要

投資信託はアクティブファンドインデックスファンドに大別されます。

アクティブファンドとは、独自の銘柄選択や資産配分によって市場平均(ベンチマーク)を上回る投資成果を目標とする投資信託です。

一方でインデックスファンドは、市場平均(ベンチマーク)と同じような動きをすることを目標とする投資信託です。

市場平均(ベンチマーク)とは、例えば株式のファンドであれば「日経平均株価」「TOPIX」「SP500」などの株価指数のことを指しています。

とは言ってもアクティブファンドの明確な定義は存在しないので、実際は指数に連動していない「非・インデックス型」の商品をアクティブファンドと呼んでいます。

そのため、国内で設定されている投資信託の9割程度はアクティブファンドと言われていて、種類がとても豊富です。

また、利回りという意味ではインデックスファンドよりもアクティブファンドの方がハイパフォーマンスを期待できます。

ただし、10年20年単位の長期間では8割のアクティブファンドはインデックスファンドの成績を下回ると言われています。

様々なテーマのアクティブファンドがあるので、一定のトレンドを掴んで中期的には投資するファンドを入れ替える必要があります。

PB池田
証券会社や銀行が投資信託の短期売買を勧めるのは、手数料目的なのでご注意ください。

元銀行員が投資信託(アクティブファンド)をおすすめする理由

メリット
  • 市場平均よりは高い利回りが期待できる
  • ネットで情報が簡単に入手できる
  • 投資手続きが簡単
デメリット
  • 市場下落時にはファンドも下落する可能性が高い
  • 購入タイミングの見極めが難しい
  • 中期的には投資するファンドの入れ替えが必要

アクティブファンドは、ミドルリスクで市場平均よりも高い利回りが見込めるため、500万円の資産運用の分散投資先として検討できます。

優秀なアクティブファンドであれば、中期的には年率10%~20%の運用を安定してできていいるファンドもあります。

ただし、長期的にはインデックスファンドに勝てるアクティブファンドは2割程度です。

インデックスファンドの利回りは3%~5%なので、インフレ率を考えると心許ない利回りとなってしまいます…。

頻繁ではないにしろある程度のスパンで情報収集して、旬のアクティブファンドに乗り換えることで利回りの低下を回避できます。

PB池田
アクティブファンドはコストが高めに設定されていることが多いので、短期売買は避けましょう。

アクティブファンドは「分散投資先」として検討できると書いたのは、アクティブファンドに集中投資するのは危険だからです。

と言うのも、アクティブファンドは「市場平均を上回る」ことが目標なので、市場が大幅に下落すればファンド価格も下落します。

ここが下落相場でも利益が追求できる「ヘッジファンド」との大きな差となります。

アクティブファンドに投資するのであれば、市場下落時もヘッジできるファンドにも分散投資しておくことをお勧めします。

たまに「医療関係株の投資信託とデジタル関係株の投資信託で分散投資しています」という方がいますが、世界的な金融危機では全て下落します。

分散投資するのであれば、投資対象が違うものに分散しましょう。

また、市場下落時に投資できればいいのですが、もし市場高騰時に投資してしまうと高値掴みで大きく損をしてしまうこともあり得ます。

このデメリットを回避するためには、まとまった資産を一括投資するより積立投資によって高値で投資してしまうリスクを分散しましょう。

PB池田
給与の一部をアクティブファンドに積立投資して、まとまった資産はヘッジファンドへ一括投資するのがおすすめです。

投資信託(アクティブファンド)おすすめ投資先TOP3

私が調査した内容をもとに投資信託(アクティブファンド)のおすすめ投資先をランキング付けしました!

アクティブファンドはファンドマネージャーや運用会社の投資方針や想いに共感できるところは結果として利回りも良いと感じています。

IPO株投資

総合評価
8.9
利回り
非常に高い
リスク
ミドル
手間
少しかかる
知識
少し必要

IPO株投資の概要

IPOはInitial Public Offeringを略した言葉で、日本語では「新規公開株」や「新規上場株式」という意味です。

IPO株投資とは、新規公開株を公募価格で購入して、上場日の最初に付く株価(初値)で売却することで利益を出す投資です。

公募価格で買うことさえできれば、ほとんどの場合は初値が公募価格を上回るので利益が出ます。

時には初値が公募価格の倍以上となることもあり、短期間で高利回りになるため非常に人気の投資です。

ただし、公募価格で購入できる株数は限られているので、ほとんどの新規公開株は抽選となり倍率もとても高いです。

PB池田
毎年100件程度あるIPO銘柄の抽選に全て申し込んでも、1年に1回当たるか当たらないかの確率となります…。

元銀行員がIPO株投資をおすすめする理由

メリット
  • リターンに対するリスクが低い
  • 短期間で利益が確定できる
デメリット
  • 抽選の倍率が非常に高い
  • 大量の資金を投入できない
  • 証券会社によっては口座に一定の資金が必要

IPO株投資は抽選に当たれば比較的低リスクで高リターンとなるため応募する価値はありますが、500万円全額を運用することはできません。

IPO株は公募価格から初値への価格上昇率が平均100%程度で、利益確定までの期間は2週間くらいです。

また、初値が公募価格を上回って利益がプラスとなった銘柄は過去5年で80~90%となかなかの高確率です。

つまり、あまりリスクを冒すことなく2週間で資産を倍にすることができるということです!

そんな投資であれば、誰でもしたいですよね?私はしたいです!笑

実際多くの人がそう思っているので、限られた株数に応募が殺到して当選確率は約0.5%~2%と超低確率となっています。

PB池田
試しに1年間IPO株の全銘柄の抽選に応募してみましたが、なんと、1件も当たりませんでした…。

もしIPO株の抽選に当たればできる限りの資産を投資したいと思いますが、当たったとしても最低単位である100株です。

IPO株の公募価格は高くても数千円なので、100株だと数十万円しか購入できません。

つまり、500万円を資産運用したいと思っていても全額をIPO株に投資することは現実的ではないのです。

PB池田
他の投資の片手間に抽選に応募して、当たればラッキーくらいの感覚でチャレンジしましょう!

500万円をどこに投資するか迷ったら、まずは国内ヘッジファンドで資産運用!

資産運用について調べれば調べるほど様々な意見があって、結局どれも決め手に欠けるから迷ってしまう…。

そんな場合は、500万円の資産運用であれば「国内ヘッジファンド」が一番のおすすめです!

余程の投資経験や知識がないとハイリスク投資である株やFX、仮想通貨で資産運用しようとするとプロ達の養分になります。

プロに任せるという意味では投資信託も悪くはないですが、市場下落時にはどうしても弱いです。

優秀なヘッジファンドであれば市場下落時でも利益を出してくれますし、何より投資信託よりもハイパフォーマンスです。

海外の有名ヘッジファンドなどは最低投資額が高すぎますが、国内ヘッジファンドであれば500万円でも十分検討可能な投資額です。

ただし、最近はヘッジファンド人気を受けて個人向けヘッジファンドを名乗る詐欺も出ています。

PB池田
きちんと社会的信用力のある企業が運用しているファンドを選びましょう!

資産運用は思い立った今が一番の始め時!

「老後が不安ですが、いまさら資産運用するなんて遅いですか?」

「どれくらい貯めれば資産運用すべきでしょうか?」

このような質問を受けることがありますが、間違いなく言えるのは資産運用は思い立った今が一番の始め時です!

資産運用をしたい理由は様々でしょうが、どんな理由であっても資産運用に遅すぎることも早すぎることもありません。

資産運用の最大の武器は資産を運用する期間、つまり「時間」です。

PB池田
資産運用に興味を持ったのであれば、まずはご自身がベストだと思う投資先で資産を運用してみましょう。

そうは言っても、焦って投資して失敗してしまっては元も子もありませんから、資産運用先はしっかり吟味してくださいね。

資産運用先についての相談や投資方法など何かわからないことがありましたら、LINEメールで私までお気軽にお問い合わせください。

500万円投資でおすすめの資産運用先まとめ

今回のまとめ
  • 資産運用先を選ぶときはリスク、リターン、手間を確認
  • 資産運用先に迷ったら国内ヘッジファンドがおすすめ
  • 資産運用は思い立った今が一番の始め時

500万円のおすすめ資産運用先の解説をしてきましたが、いかがでしたでしょうか?

資産運用先を検討する際に押さえておくべきポイントは以下の3点でしたね。

  1. 利回りの期待値がインフレ率を上回る資産運用先
  2. リスクとリターンのバランスが良い資産運用先
  3. 投資後に手間のかからない資産運用先

この3点が押さえられている資産運用先を選ぶことができれば、大きく失敗する可能性は低くなります。

それでもどこに投資するかの結論が出ないのであれば、まずは「国内ヘッジファンド」にチャレンジしてみましょう!

今でこそこんな記事を書いていますが、私が本格的に資産運用を始めたのは銀行を辞めてからです。

もっと早く始めれば良かったと後悔もしましたが、気づいた時点で資産運用を開始したのは正解でした。

PB池田
投資で失敗したり投資経験が浅いと苦手意識があるかもしれませんが、まずは一歩を踏み出してみましょう!

管理人へのお問い合わせ

管理人ポリシー

当ブログでは様々な資産運用先を紹介していますが、担当者の方に実際に伺った内容を掲載しています。

具体的な投資方法や利回りなどを公開できないところもありますので、気になる記事がありましたらお気軽にお問い合わせください。

こちらからLINEを友だち追加いただくか、以下のメールフォームからご連絡ください。

    お名前 必須

    メールアドレス 必須
    ※携帯アドレスだとこちらから返信できない場合がありますので、PCメールにてご連絡お願いします。

    題名 必須

    メッセージ本文 必須

    関連記事 RELATED POSTS