BMキャピタル(BM CAPITAL)の口コミ・評判は?最低投資額や手数料を解説!

BMキャピタル(BM CAPITAL)のヘッジファンドは利回りが高いって聞いたけど本当?

最低投資額や手数料、運用実績など具体的な数値がまとめられているサイトはないの?

ネットで口コミや評判を調べると「詐欺」「怪しい」と書き込まれているけど本当に大丈夫なの?

そんな思いから、こちらの記事に辿り着いたのではないでしょうか?

PB池田
私もポートフォリオの一つとしてBMキャピタル(BM CAPITAL)への投資を検討するために、実際に代表者の方と面談してきました。

投資を検討するうえで必要な基本的な情報から、公式HPには書いていない話まで網羅していますので参考にしてください!

この記事を書いた人
プライベートバンカー
PB池田
関西出身で外資系コンサル会社に勤める40代の個人投資家。前職は銀行員だったが、転職を機に本格的な資産運用を始める。証券アナリスト・プライベートバンカーの資格を有しており、現職では大手金融機関へのアドバイザリーに従事。職業病で徹底的にリサーチしないと投資できない性格で、ブログでは様々な資産運用先を紹介している。2021年現在、自身の運用資産は6,000万円を超える。

BMキャピタル(BM CAPITAL)とはどんな会社なのか?

BMキャピタル(BM CAPITAL)は正式名称「ビーエムキャピタル合同会社」であり、森山武利氏が代表を務めています。

具体的にどのような事業を行っているか解説します!

BMキャピタル(BM CAPITAL)はバリュー株投資を中心とした投資会社!

BMキャピタルは日本国内の上場株式を投資対象としたバリュー株投資を行う投資会社です!

バリュー株投資とは、理論上の株価よりも割安な株式に投資して、適正な株価まで値上がりした時に売却することで利益を得る投資です。

広義ではヘッジファンドに分類される事業内容であり、ネット上でも和製ヘッジファンドとして有名ですね。

日本国内では、東証二部・マザーズ・JASDAQ企業のような「小型株」は海外投資家から注目を浴びておらず割安な銘柄が放置されてきました。

BMキャピタルは優秀なファンドマネージャーによる緻密な分析で、そのような企業をいち早く発見して投資しているのです!

ただし、近年ではデジタル産業などの成長株への投資が圧倒的に有利だと言われており、バリュー株投資はコロナ禍で苦戦を強いられています

また、小型株は市場での流動性が低く、思惑通りに株価が上昇しても市場で売却できず現金化できないこともあり得ます。

なので、株価上昇からの最終的な利益確定までに長い期間を要する可能性が高く、出口戦略の難しい投資と言えるでしょう。

PB池田
当然のことながら、投資家にも長期的に投資できる資金での投資が求められます。

実際の投資運用・提案はブラッククローバー(Black Clover Limited)が行っている!

実際に投資銘柄を選定し運用や企業への提言を行っているのは、ブラッククローバー(Black Clover Limited)という会社です

ブラッククローバーはドバイに拠点を置く資産運用会社で、ロンドンの国際金融グループ「バークレイズ」出身者が運営しています。

ブラッククローバーのHPを見ていただければ、BMキャピタルが投資している企業への大量保有報告書を見ることができます。

PB池田
BMキャピタルとは、このブラッククローバーが行う投資への橋渡しをしてくれる企業と捉えることもできますね。

BMキャピタル(BM CAPITAL)の顧客規模や運用残高

BMキャピタルの運用残高は面談で聞いたところ、約50億円とのことです。

ブラッククローバーは約250億円でありBMキャピタルとは実質一体のため、300億円が運用残高と考えていいでしょう。

出資者数は非開示とのことで、面談でも教えてもらえませんでした。残高から推測すると1,000~3,000人程度と思われます。

バリュー株投資は投資先が小型株に限られているため、一般的には運用残高が数百億円規模までしか取れない戦略です。

BMキャピタルへの出資額が1,000億円超となった場合、出資制限するのか戦略を変えるのか、とても興味深いですね。

また、出資者からの資金は全額投資しているため、現金はほとんど保有していません

PB池田
バリュー株は簡単には現金化できないため、出資者からの出金・解約要請に滞りなく応じられるのか不安要素ではありますね…。

BMキャピタル(BM CAPITAL)の本社登記は六本木のマンションの一室!

BMキャピタルの本社は「東京都港区六本木7-18-1」です。検索すると「六本木セブン」という賃貸マンションであることがわかります。

以前は六本木ヒルズにオフィスを構えていたそうですが、経費節約のためにマンションの一室に移ったそうです。

オフィスが立派であれば良いというものではないのですが、本社がマンションというのはマイナスイメージかもしれませんね…。

ただし、面談は代表の森山氏が東京駅付近のホテルのラウンジなどで行っているので安心してください。

BMキャピタルとは正反対に、ブラッククローバーの本社はドバイにある世界一高いビル「ブルジュ・ハリファ」の48階とド派手です!

実際の運用メンバーはドバイにいますので、本気度が高いのであれば現地を見学してみてはいかがでしょうか。

BMキャピタル(BM CAPITAL)の投資ってどんな仕組み?配当実績はどれくらい?

BMキャピタルはどのような仕組みで出資金を集めて、出資者に利益を還元しているのでしょうか?

「平均年間利回り10%以上」の謳い文句の真相を解説します!

BMキャピタル(BM CAPITAL)の実際の配当実績・運用利回りってどれくらい?

期間 公表利回り 手数料控除後利回り
2013年 +16.10% +2.05%
2014年 +17.60% +2.80%
2015年 +26.23% +7.12%
2016年 +11.31% -0.35%
2017年 +35.09% +11.55%
2018年 +7.53% -2.24%
2019年 +11.43% -0.29%
2020年 +19.70% +3.85%

BMキャピタルが公表している年間利回りは、確かに2018年以外は10%を超えています。

ただし、この年間利回りにはBMキャピタルが徴収する成功報酬や管理報酬などが一切考慮されていません。

通常は手数料を引いた利回りを出すところが多いので、ここが圧倒的な違いになります。

PB池田
この利回りの出し方は投資家想いではないですね…。

手数料は後ほど詳しく説明しますが、手数料を差し引いた利回りを概算で出すと表の一番右にある「手数料控除後利回り」のようになります。

単純計算すると平均年間利回りは+3.0%程度となってしまいます。

現時点の実績からすると、インデックスファンドなどの投資信託と同水準の利回りいうことになってしまいます…。

ヘッジファンドの利回りとしては物足りないというのが正直な感想です。

投資は手元に最終的に還ってくる金額が一番重要なので、手数料控除後の利回りを必ず確認しましょう!

PB池田
「手数料を考慮するとけっきょくどれくらい利益が出るのか」というシミュレーションをこの次でしていますが、思ったより低くなります!

BMキャピタル(BM CAPITAL)に1,000万円出資した場合のシミュレーション

まずはBMキャピタルの運用実績が一番良い2017年に、1,000万円を出資した場合の具体的なシミュレーションを行いました。

2020年12月末時点の運用残高は10,728,132円なので、投資家の利益は約72万円となります。

4年間で利回り+7.2%、平均年間利回りは単純計算で+1.8%とかなり物足りないですね…。

次に少し実績が落ちた2018年に、1,000万円を出資した場合の具体的なシミュレーションを行いました。

2020年12月末時点の運用残高は9,617,762円なので、マイナス運用となります。

最初に支払った発行手数料すら取り戻せていないという結果となってしまいました。

国内には手数料が無く高利回りなヘッジファンドは存在しますので、他のファンドを検討するのも選択肢の一つだと思います。

PB池田
以下の記事では私のおすすめする国内ヘッジファンドをランキング形式で紹介していますのでご参考にしてください。

BMキャピタル(BM CAPITAL)の投資スキームは合同会社の社員権取得!

BMキャピタルでは合同会社の社員権を取得することで出資する「合同会社スキーム」を採用しています!

投資家はBMキャピタルの社員権を取得することで、BMキャピタルが投資で得た利益の一部を配当として受け取ることができるのです

このスキームは合同会社が資金を集めるために認められている一般的な方法であり、違法性はありません。

ヘッジファンドが合同会社の形態を取ることは、ファンド運用の自由度の高さやコストパフォーマンスに優れている点で合理的とも言えます!

ただしこのスキームのデメリットとして、不特定多数の投資家への勧誘行為を行うことができないことが挙げられます。

また、金融庁への金融商品取引業登録が必要でないため、BMキャピタルは金融庁の管轄ではありません

PB池田
投資は自己責任とは言え、金融庁に登録されている他のファンドと比較すると投資ハードルが高いことは否めません。

BMキャピタル(BM CAPITAL)の代表者やファンドマネージャーはどんな人物?

BMキャピタルの代表者は森山武利(もりやまたけとし)氏です。

創業前の森山氏は「日本ユニコム株式会社」という商品の現物取引を行う会社で営業を担当されていたようです。

BMキャピタルの面談は森山氏が行っているので、私も面談の際にお話しさせていただきました。

ブル森山の愛称で相場解説やセミナー講師をしていたこともあるためか、話し方はわかりやすく丁寧でした。

ファンドの要となるファンドマネージャーはBMキャピタルに在籍しておらず、実質はブラッククローバーの坂本俊吾氏となります。

東京大学を卒業し、イギリスに拠点を置く「バークレイズ証券」で勤務した後、同僚と共にファンドを設立しています。

普段はドバイにいるようで日本で会うことはできません。

BMキャピタルの森山氏によると、坂本氏に何かあった場合はBMキャピタルを清算することになるとのことでした。

ファンドの成績はファンドマネージャーの能力次第であるため、必然的にそうなるのでしょう。

PB池田
坂本氏はまだ30代なので当面その心配はないと思います!

BMキャピタル(BM CAPITAL)についてネットの反応は?

BMキャピタルは投資界隈で有名なのでSNSでも様々な意見や憶測が飛び交っています。

BMキャピタルに対する賛否両論たくさんの書き込みがありますので、そんなネットの反応の一部を見てみましょう!

SNSの悪い口コミを紹介!

SNSの良い口コミを紹介!

口コミのまとめ

憶測で批判している人、実際に投資している人、いろいろな立場の方が様々な意見を発信されていますね!

やはり「手数料」については、実際投資している人にとっても投資を検討している人にとってもネックになっているようですね。

賛否両論ありますので大切なのは個別の意見を鵜吞みにするのではなく、納得のいくリサーチの上で最終的には自身で判断することです。

BMキャピタル(BM CAPITAL)は詐欺やポンジスキームなのか?

ネットの一部では、BMキャピタルが詐欺とかポンジスキームという書き込みが見かけられます。

実際どうなのか気になりますが、いくら調べても確実に詐欺じゃないと言い切ることは残念ながらできません…。

BMキャピタルは金融庁に登録もなく、中身が完全にブラックボックスだからです。

しかし、大量保有報告書からわかるようにブラッククローバーでは少なくとも投資実績が公表されています。

PB池田
個人投資家が詐欺を見抜くのは難しいので、怪しいと感じるのであれば金融庁に登録のあるファンドに投資するのが無難です。

BMキャピタル(BM CAPITAL)への最低投資額や手数料など出資方法を解説!

BMキャピタルに出資したいと考えても、公式HPには出資方法は記載されていません。

出資までのアプローチから最低投資額・手数料などの具体的な数値まで解説します!

BMキャピタル(BM CAPITAL)への出資方法!

BMキャピタルは私募ファンドであるため、投資希望者の投資適格性の確認と投資スキームの説明を兼ねて、対面での説明を必須としています。

BMキャピタルの担当者とアポを取るためには、実際に出資している人や知り合いなどを通して紹介してもらう必要があります。

不特定多数に募集活動を行えない私募ファンドでは良くあるパターンですね。

アポが取れたら面談となりますが、場所は東京駅付近を指定されます。

以前はいろいろな場所で面談していたようですが、現在は投資希望者も多く面談場所は統一しているようです。

私の場合は、東京ステーションホテルのロビーラウンジでした。落ち着いた雰囲気で面談いただきました。

面談では紙の資料を使って、投資スキームや運用利回りなどを説明してくれます。

投資希望者が面談の内容に納得すれば、紙の契約書に署名捺印し、指定の口座に入金すると契約完了です。

運用の開始日は1月1日、4月1日、7月1日、10月1日の年4回に限られます。開始日の前日までに入金すると、運用が開始されます。

面談の場で契約することも可能ですが、私は他のヘッジファンドと比較したかったので資料を持ち帰って検討しました。

PB池田
資料の持ち帰りには、身分証明書の提示が必要となりますのでご注意くださいね。

BMキャピタル(BM CAPITAL)の最低投資額は1,000万円から!

BMキャピタルの最低投資額は1,000万円となっています。

出資後に一部出金を行い、結果的に1,000万円を下回ることは許容されますが、原則は1,000万円未満の出資を受け付けていません

海外の有名なヘッジファンドであれば1億円以上が相場なので、ヘッジファンドの中では比較的低いと言えるでしょう!

BMキャピタル(BM CAPITAL)の手数料は?

手数料種類 手数料額 利回り確定後に手数料が引かれるか?
発行手数料 出資額の5.0%
引かれる
重要成功報酬 投資利益の50%
引かれる
重要管理報酬 運用残高の6.0%
引かれる

BMキャピタルの手数料は大きく分けて3種類存在します。「発行手数料」と「成功報酬」と「管理報酬」です。

通常、ファンドの利回りは成功報酬と管理報酬が控除された数値を投資家に伝えます。

仮に表面上は高利回りでも、高額な手数料が引かれたら投資家にとっては低利回りと同じになってしまうからです。

なので、手数料控除前の利回りを伝えられた場合は、過大な利回りなので注意してください!

PB池田
当たり前のことですが、大切なのは手元に還ってくる利益です。

BMキャピタルの手数料はヘッジファンドの手数料としては非常に高い水準となっています。

それではそれぞれの具体的な計算方法を解説しますね!

発行手数料

「発行手数料」は出資額の5.0%となります。一般的には1~2%なので非常に高い水準です。

出資した時にしかかかりませんが、増資した場合には増資分にも適応されます。

例えば、2,000万円出資した場合は「100万円」、さらに1,000万円増資した場合は「50万円」となります。

成功報酬

「成功報酬」は投資利益の50%となります。一般的には20%程度なので驚くほど高いです。

成功報酬の算出方法は「ハイウォーターマーク方式」を採用していますので、ハイウォーターマークを超えた金額に適用されます。

ここで言うハイウォーターマークとは、運用残高の過去最高値を指しています。

例えば、1,000万円で投資をスタートしたとします。

1期目に運用残高が1,300万円に増えたとすると、300万円×50%の150万円が成功報酬となります。

2期目に運用残高が1,100万円に減ったとすると、成功報酬はもちろん0円です。

3期目に運用残高が1,200万円に増えたとしても、ハイウォーターマークは1,300万円であり、そこを超えていないため成功報酬は0円です。

4期目に運用残高が1,400万円に増えたとすると、100万円×50%の50万円が成功報酬となります。

PB池田
このように水位が上がるように基準額が上がっていくため、ハイウォーターマークと呼ばれているんですね。

管理報酬

「管理報酬」は運用残高の6.0%となります。一般的には2%程度なので非常に高い水準です。

一般的な投資信託における信託報酬のようなものです。投資利益がマイナスだった場合でも発生するので認識しておきましょう。

PB池田
手数料体系は変更になる可能性がありますので、詳しくは面談で確認してくださいね!

BMキャピタル(BM CAPITAL)で出金・解約するにはどうすればいいの?

BMキャピタルの出金・解約方法はとてもシンプルです。

ただし、解約タイミングや運用益の課税については確認しておく必要があります!

出金・解約タイミングは四半期毎!2か月前の申請が必要!

BMキャピタルで出金・解約する方法は、その旨を担当者に電話やメールで伝えるだけです。

出金・解約できるタイミングは3月、6月、9月、12月の末日のみです。つまりロックアップ期間(最低投資期間)は3か月となります。

出金・解約請求は各清算日の60日前までに行う必要がありますのでご注意ください。

さらに注意点としては、必ずしも直近期で出金・解約に応じてもらえるとは限らないことです。

BMキャピタルは「金額の大きさと時期によっては、流動性の問題などにより直近期での払い戻しに応じられない場合がある」と言っています。

ここについては、しっかりと認識しておく必要があるでしょう!

出金・解約時に運用益が出ていれば課税の対象となる!

BMキャピタルで運用益が出た場合、その利益に対して「税金」がどうなるのか気になりますよね?

出金・解約の際に出資金より多い金額を現金化する場合は、出資金を超えた金額に課税されることになります。

各決算期で含み損益が発生している状態でも申告は不要で、最終的な払い戻しの時点で申告と納税が必要です。

もちろん、出資金より少ない金額を現金化する場合には税金はかかりませんので安心してくださいね。

では、課税方法はどうなるのか?

まずBMキャピタルから振り込まれる際に、課税部分に対して未上場株(非上場株)の配当所得として20.42%の税率で源泉徴収されます。

その後、個人であれば他の所得と合わせて総合課税されるので、確定申告する必要があります。

参考までに所得税の早見表を記載しますが、確定申告の際は最新の税制を確認してから納税しましょう!

課税される所得金額 税率 控除額
195万円未満 5% 0円
195万円以上330万円未満 10% 97,500円
330万円以上695万円未満 20% 427,500円
695万円以上900万円未満 23% 636,000円
900万円以上1,800万円未満 33% 1,536,000円
1,800万円以上4,000万円未満 40% 2,796,000円
4,000万円以上 45% 4,796,000円

法人の場合は各法人における取得目的を短期投資と見なすか長期投資と見なすかによって、収益の発生時期や取り扱いが異なります。

詳しくは担当の税理士さんに相談してみてくださいね。

BMキャピタル(BM CAPITAL)への投資のまとめ

今回のまとめ
  • 手数料控除後の平均年間利回りは+3.0%程度となる
  • BMキャピタルはバリュー株投資を中心とした投資会社である
  • バリュー株投資はコロナ禍で厳しい運用となっている
  • ファンドマネージャーはバークレイズ出身でブラッククローバーの坂本氏
  • 運用残高約50億円のほぼ全てをバリュー株に投資している
  • 最低投資額は1,000万円とヘッジファンドの中では低い水準
  • ロックアップ期間が3か月あるので、出金・解約は計画的に

BMキャピタル(BM CAPITAL)について、どんな会社なのか気になる点をまとめました。

BMキャピタルは日本国内のバリュー株投資を得意とするヘッジファンドでしたね。

実際の運用や企業への提言はドバイに拠点を置くブラッククローバーが行っており、ファンドマネージャーはバークレイズのOBです。

手数料が非常に高く設定されており、実際の投資家の利回りは+3.0%程度となります。

出資時に支払う発行手数料を取り戻すのにまずは数年間かかることを認識しておきましょう!

長期間投資可能な余剰資金が数千万円あれば、ご自身の投資ポートフォリオの一つとして検討可能でしょう。

ただし、パフォーマンスが高い資産運用先を求めているのであれば、他のヘッジファンドを検討するのも選択肢の一つとなります。

記事中でも紹介しましたが、私のおすすめする資産運用先をランキング形式で紹介していますのでこちらもご参考にしてください。

BMキャピタル(BM CAPITAL)の情報

企業概要
企業名 ビーエムキャピタル合同会社
設立 2013年
本社 〒106-0032
東京都港区六本木7-18-1
代表者 森山武利
資本金 不明
事業内容 (1)金融商品取引法に基づく有価証券及びデリバティブ取引
(2)各種事業への投資
(3)有価証券の自己募集
(4)経営コンサルティング業務
(5)前各号に附帯する一切の業務
最低出資額 1,000万円
手数料 「発行手数料」出資額の5.0%
「成功報酬」運用益の50%
「管理報酬」運用残高の6.0%
出資金合計額 約50億円
出資者数 非開示

管理人へのお問い合わせ

管理人ポリシー

当ブログでは様々な資産運用先を紹介していますが、担当者の方に実際に伺った内容を掲載しています。

具体的な投資方法や利回りなどを公開できないところもありますので、気になる記事がありましたらお気軽にお問い合わせください。

こちらからLINEを友だち追加いただくか、以下のメールフォームからご連絡ください。

    お名前 必須

    メールアドレス 必須

    題名 必須

    メッセージ本文 必須

    関連記事 RELATED POSTS