エクシア(EXIA)グループは金融庁の許認可を取得済!投資家のメリットは?

エクシア合同会社(EXIA)って信用できる会社なの?

エクシア合同会社(EXIA)の投資について、金融庁は運用の実態をきちんと把握できているの?

エクシア(EXIA)が金融庁や東京都の許認可を取得していることって、個人投資家には何かメリットがあるの?

そんな思いから、こちらの記事に辿り着いたのではないでしょうか?

エクシア合同会社(EXIA)と2社の子会社はそれぞれの業務に適した許認可を取得しており、金融庁のHPでも公開されています。

エクシア(EXIA)としては業務に必要だから許認可を取得しているわけですが、投資家保護を謳う金融庁や東京都の許認可は個人投資家にもメリットがあります!

PB池田
エクシア(EXIA)グループの許認可について、個人投資家目線でどのような意味があるのか解説していきます!
この記事を書いた人
プライベートバンカー
PB池田
関西出身で外資系コンサル会社に勤める40代の個人投資家。前職は銀行員だったが、転職を機に本格的な資産運用を始める。証券アナリスト・プライベートバンカーの資格を有しており、現職では大手金融機関へのアドバイザリーに従事。職業病で徹底的にリサーチしないと投資できない性格で、ブログでは様々な資産運用先を紹介している。2021年現在、自身の運用資産は5,000万円を超える。

エクシア(EXIA)グループの3社はそれぞれ金融庁・東京都の許認可を取得している!

企業名 事業内容 許認可
エクシア合同会社(EXIA) 資産運用(私募)
事業投融資
貸金業
エクシア・アセット・マネジメント 金融商品販売予定 第二種金融商品取引業
エクシア・デジタル・アセット c0ban取引所 暗号資産交換業

エクシア合同会社(EXIA)をはじめ、エクシア・アセット・マネジメントとエクシア・デジタル・アセットも業務に適した許認可を取得しています。

どの許認可も簡単に取得することはできませんし、取得後も金融庁・東京都の監督下に置かれることになります。

後ほど説明しますが、金融会社が金融庁の監督下で運営されるというのは重要な意味を持ち、社会的信用を高めることに繋がります。

個人投資家が投資先を選ぶ際に、その資産運用会社が社会的信用力のある企業であるかは大事な判断ポイントとなりますよね?

PB池田
私が資産運用先を選ぶときには、金融庁の許認可を必ず確認するようにしています。

エクシア合同会社(EXIA)は貸金業の登録を受けている!

エクシア合同会社(EXIA)は各種事業への投融資を行っているので、貸金業の登録を受けています。

貸金業の内容と併せて「なんで第二種金融商品取引業を取得しないの?」との声も多いので、そちらも解説します!

エクシア合同会社(EXIA)は2020年6月に東京都に貸金業として登録された!

エクシア合同会社(EXIA)は2020年6月に東京都に認可されて「貸金業」として登録されました。

これは金融庁HPにある「登録貸金業者情報検索入力ページ」で商号に「エクシア」と入力すれば検索結果で確認することができます。

貸金業とは「金銭の貸付け又は金銭の貸借の媒介で業として行うものをいう」と貸金業法で定義されています。

つまり、銀行以外の企業が「お金を貸す」業務をしたかったら貸金業の登録を受けないとダメだよということです。

例えば、クレジットカード会社やリース会社などのお金の貸し付けを行う企業は貸金業の登録を受けています。

貸金業に登録されるためには、法令で定める要件を満たしたうえで厳しい審査をクリアして、財務局長か都道府県知事に認められる必要があります。

登録審査では「営業所の実態があるか」「他の法人と同居していないか」「電話番号に誤りがないか」など徹底的に調べられます。

そのため、バーチャルオフィスやマンションの一室で登記しているような会社は絶対に認められません。

そして、登録さえすればその後は何をしていてもわからないということはありません。

金融庁の定める「貸金業者の監督指針」では「健全かつ適切な運営の確保のため、ヒアリング等を通じモニタリングを実施し、貸金業者の業務の実態把握に努める」とあります。

貸金業に登録されている限り、随時モニタリングされるので不適格な業務は絶対に行えないということです。

より詳しく知りたい場合は金融庁HPの「貸金業者向けの総合的な監督指針」に詳しく書いていますが、めちゃくちゃ長いです。笑

PB池田
エクシア合同会社(EXIA)が厳しい審査にクリアして業務を行っていることがお分かりいただけたと思います。

エクシア合同会社(EXIA)が貸金業に登録した理由は?

エクシア合同会社(EXIA)はこの図のように各種事業への融資事業も行っていて、この業務を実施するために貸金業の登録をしています。

一方で、資産運用事業については許認可を取得していません。

実はエクシア合同会社(EXIA)の資産運用事業は、金融商品の取り扱いでなく「社員権の販売」なので特に許認可は必要ないのです。

「資産運用事業については誰も監督していないなら、社会的信用力は無いんじゃない?」

「貸金業がいくら適正に行われていても、資産運用事業が適正かはわからないのでは?」

そんな質問がありましたが、エクシア合同会社(EXIA)の資産運用事業についても金融庁や東京都はモニタリングしていると思います。

なぜなら、貸金業登録申請時には貸金業以外の「兼業の状況」も報告する義務があり、兼業の業務内容も必要に応じて調査されているからです。

つまり、エクシア合同会社(EXIA)においては「資産運用事業」についても報告義務があり、東京都は実態を把握しているのではないでしょうか。

また詳細は後述しますが、第二種金融商品取引業者を買収した際に親会社であるエクシア合同会社(EXIA)の事業内容は金融庁に確認されているはずです。

PB池田
私の感覚では、金融庁が「認可業者を買収する親会社の業務内容は知りません」はあり得ないです。

エクシア合同会社(EXIA)が第二種金融商品取引業の許認可を取得しないのは何故?

社会的信用力が大切なら第二種金融商品取引業の許認可をエクシア合同会社(EXIA)が取得すればいいのでは?との声があります。

エクシア合同会社(EXIA)が第二種金融商品取引業の許認可を取得しないのは「パフォーマンスが落ちる」からです。

第二種金融商品取引業者になれば、不特定多数に公募できますがファンドスキームや投資手法に制限がかかってしまいます。

そうなると、公募投資信託の利回りを思い浮かべていただければわかると思いますが、今のような高い利回りは維持できません。

また、繰り返しになりますがエクシア合同会社(EXIA)の資産運用業務に第二種金融商品取引業の許認可は不要です。

必要でない許認可の取得に金や人などのリソースを割いてパフォーマンスまで落ちるのは、社会的信用力が高まるとしても割に合わないのです。

利回りの高さと社会的信用力は運用会社の両輪なので、どちらもバランス良く高いのが望ましいですよね。

それでもエクシア合同会社(EXIA)は疑わしいと思うのであれば、投資しないというのが正解だと思います。

PB池田
この後に解説する第二種金融商品取引業者のエクシア・アセット・マネジメントが、公募投信を販売するのを待つのもいいかもしれませんね。

エクシア・アセット・マネジメント株式会社は第二種金融商品取引業の許認可を取得している!

エクシア合同会社(EXIA)の子会社であるエクシア・アセット・マネジメント株式会社は第二種金融商品取引業の許認可を取得しています。

第二種金融商品取引業の内容や今後どのように事業に活用されるのか解説します!

エクシア・アセット・マネジメント株式会社は2019年9月にエクシア合同会社(EXIA)の子会社に!

エクシア合同会社(EXIA)は2019年9月に「第二種金融商品取引業」の免許を保有している会社を買収して子会社化しました。

その際に会社名をエクシア・アセット・マネジメント株式会社に変更しています。

エクシア・アセット・マネジメントが許認可を取得していることは、金融庁HPにある「金融商品取引業者登録一覧」で確認することができます。

第二種金融商品取引業者は「集団投資スキーム等の自己募集、みなし有価証券の売買等、市場デリバティブ取引(有価証券を除く)」ができます。

簡単に言うと、投資信託などのファンドの勧誘・販売ができるようになります。

証券会社が保有している第一種金融商品取引業であれば株や債券も取り扱えますが、第二種金融商品取引業ではそこまではできません。

第二種金融商品取引業の取得には、法令で定める要件を満たしたうえで厳しい審査をクリアして、内閣総理大臣に認められる必要があります。

免許取得後は証券取引等監視委員会(財務局)の臨店検査の対象となり、不適格だと判断されれば金融庁から行政処分が下されます。

PB池田
エクシア・アセット・マネジメント株式会社では法令に違反せず適切に業務ができる態勢が十分に整備されているはずです。

エクシア合同会社(EXIA)が第二種金融商品取引業者を買収した理由は?

エクシア合同会社(EXIA)が第二種金融商品取引業者を買収した理由は、将来的に公募投資信託などの販売を見据えているからです。

前述しましたがエクシア合同会社(EXIA)はパフォーマンスの低下を避けるために第二種金融商品取引業を取得しない方針です。

しかし公募投資信託などの勧誘・販売には第二種金融商品取引業が必要なので、それを取得している子会社で実施する計画です。

「エクシア合同会社(EXIA)は第二種金融商品取引業を取得できないから買収した」

「第二種金融商品取引業者は子会社なので、エクシア合同会社(EXIA)の資産運用事業に社会的信用力は無い」

という声がありますが、そもそもエクシア合同会社(EXIA)の業務に第二種金融商品取引業が不要なうえ、買収目的が違うので的外れです。

また、当然ながらどんな会社でも買収できるわけでなく、買収する親会社(エクシア合同会社)は厳しい審査を受けます。

エクシア合同会社は子会社買収時に金融庁から内部資料の提出を要請されて、求められた資料は全て開示したと言われています。

PB池田
不適切な業務をしている会社が第二種金融商品取引業を買収できることは無いでしょう。

エクシア・デジタル・アセット株式会社は暗号資産交換業の登録を受けている!

エクシア合同会社(EXIA)の子会社であるエクシア・デジタル・アセット株式会社は暗号資産交換業の許認可を取得しています。

暗号資産交換業について解説します!

エクシア・デジタル・アセット株式会社は2020年10月にエクシア合同会社(EXIA)の子会社に!

エクシア合同会社(EXIA)は2020年10月に「暗号資産交換業」の免許を保有している会社を買収して子会社化しました。

その際に会社名をエクシア・デジタル・アセット株式会社に変更しています。

エクシア・デジタル・アセットが許認可を取得していることは、金融庁HPにある「暗号資産交換業者登録一覧」で確認することができます。

暗号資産交換業者は「暗号資産を取引できるサービスの提供」ができます。

暗号資産とはビットコイン(BTC)、イーサリアム(Ethereum)、リップル(XRP)などの仮想通貨のことです。

エクシア・デジタル・アセットでは、日本発の暗号資産c0banと円の取引が可能な「c0ban取引所」を運営しています。

登録審査では「当局から見て詐欺性のある独自通貨ではないこと」「コンプラが確保できる態勢であること」などが確認されます。

流通の実態や販売方法がかなりグレーな独自仮想通貨を発行する無認可の業者も存在するので、必ず金融庁HPで確認しましょう!

PB池田
仮想通貨そのものには賛否があると思いますが、c0ban取引所は金融庁の監督下で健全に運営されています。

エクシア合同会社(EXIA)が暗号資産交換業者を買収した理由は?

エクシア合同会社(EXIA)が暗号資産交換業者を買収した理由は、金融総合会社を目指すうえでの商品ラインナップの拡充です。

エクシアグループとして、暗号資産という最先端の投資商品及び取引所における取引の場を提供することが可能となりました。

それに加えて、エクシア・アセット・マネジメントと連携して「暗号資産ファンドの組成・募集取り扱い」などの新たなサービスを検討しているそうです。

今後のエクシアグループにおける事業シナジーの創出が期待できますね!

余談ですが、エクシア合同会社(EXIA)が買収した後に東大卒で元金融庁検査局の武藤制揮氏が取締役に就任しているようですね。

PB池田
過去に検査する側だった人が取締役であれば、これ以上ないコンプライアンス体制だと思います!

エクシア(EXIA)グループが金融庁の許認可を取得して投資家にメリットはあるのか?

個人投資家にとってエクシア(EXIA)が金融庁の許認可を取得していることのメリットは、金融庁がエクシアの社会的信用力の後ろ盾だということです。

世の中には高利回りを謳って実際には運用していない「ポンジスキーム」などの投資詐欺で溢れています。

公募金融商品とは違い、私募の資産運用会社は投資内容が非開示であり、一般の個人投資家が詐欺を見抜くことは難しいです。

エクシア合同会社(EXIA)は許認可取得時や子会社買収時に金融庁・東京都に業務内容を精査されているはずです。

今後も継続して検査やヒアリングが行われることを踏まえると詐欺行為や不正行為を行う可能性は限りなく低いと思います。

ただし、これはエクシア合同会社(EXIA)に出資すれば必ず資産が増えるということではないのでご注意ください。

運用結果によっては元本を割ってしまうこともありますので、リスクを理解して自己責任で投資を検討しましょう!

PB池田
「高利回りで元本保証!」のような投資案件は高確率で詐欺なので金融庁の許認可をしっかり確認しましょう。

エクシア(EXIA)グループの金融庁の許認可まとめ

今回のまとめ
  • エクシア(EXIA)グループの各社は金融庁・東京都の許認可を取得済み
  • エクシア合同会社は子会社買収や貸金業登録時に金融庁・東京都に業務内容を開示しているはず
  • エクシア合同会社の業務に第二種金融商品取引業は不要
  • エクシア合同会社の社会的信用力は高い
  • エクシア合同会社が詐欺行為や不正行為を行う可能性は限りなく低い

エクシア(EXIA)グループの3社が取得している金融庁・東京都の許認可について個人投資家目線でまとめました。

それぞれの許認可の取得には厳しい審査をクリアする必要がありますし、その後も事業はモニタリングの対象となります。

エクシア合同会社の資産運用事業に第二種金融商品取引業は不要なので、投資手法の制限される許認可は敢えて取得していません。

ただし、貸金業の取得時には資産運用事業の内容を東京都に開示しているので、運営の実態は東京都も把握していると思います。

また、第二種金融商品取引業者である子会社の買収時には、親会社であるエクシア合同会社の業務も金融庁に調査されているはずです。

私募の資産運用会社の投資内容は個人投資家に開示されないので、その会社が本当に運用しているのかは判断が難しいです。

そのため、金融庁や東京都のような公的機関が業務をモニタリングしている会社は、社会的信用力が非常に高いと言えます。

個人的な見解では、金融庁の許認可を取得しているエクシアグループが詐欺行為や不正行為を行う可能性は限りなく低いと考えています。

PB池田
エクシア合同会社(EXIA)について、もっと詳しく知りたいという場合は、こちらの記事も参考にしてください。
※エクシア合同会社(EXIA)は公式HPでの投資募集はしておりませんのでご注意ください。

何か気になることがあれば、LINEメールで私までお気軽にお問い合わせください。

管理人へのお問い合わせ

管理人ポリシー

当ブログでは様々な資産運用先を紹介していますが、担当者の方に実際に伺った内容を掲載しています。

具体的な投資方法や利回りなどを公開できないところもありますので、気になる記事がありましたらお気軽にお問い合わせください。

こちらからLINEを友だち追加いただくか、以下のメールフォームからご連絡ください。

    お名前 必須

    メールアドレス 必須

    題名 必須

    メッセージ本文 必須

    関連記事 RELATED POSTS