エクシア合同会社(EXIA)は危険な詐欺会社なのか?投資被害の実態を解明!

エクシア合同会社(EXIA)に出資するのは危険だからやめたほうがいい。

エクシア合同会社(EXIA)は詐欺会社だ!

エクシア合同会社(EXIA)で出金・解約ができなかったという投資被害が発生している。

ネットで検索したりSNSを見ていると、このような書き込みを目にすることがあって驚きますよね。

私も出資者の一人として、こういった書き込みが事実かどうか気になったので実態を調査してまとめてみました。

調査結果から書いてしまうと、エクシア合同会社(EXIA)で投資被害にあった人は一人もいませんでした。

何故、事実でないのにエクシア合同会社(EXIA)を「詐欺」「危険」「投資被害」と貶める書き込みが出てくるのか解説していきます!

PB池田
調査を進めていくと、エクシア合同会社(EXIA)が有名になったが故に、それを利用しようとする人々の実態が明らかになりました。
この記事を書いた人
プライベートバンカー
PB池田
関西出身で外資系コンサル会社に勤める40代の個人投資家。前職は銀行員だったが、転職を機に本格的な資産運用を始める。証券アナリスト・プライベートバンカーの資格を有しており、現職では大手金融機関へのアドバイザリーに従事。職業病で徹底的にリサーチしないと投資できない性格で、ブログでは様々な資産運用先を紹介している。2021年現在、自身の運用資産は5,000万円を超える。

エクシア合同会社(EXIA)で投資被害の実例は無いのに、危険だという憶測だけが独り歩き!

冒頭の繰り返しになりますが、エクシア合同会社(EXIA)で出金や解約ができないといった投資被害の実例は一切無いです。

「出金や解約ができていてもポンジスキームの可能性はあるよね?」といった声もありますが、それについては別記事で検証しています。

ここでは、本当に投資被害があったのかを調査した結果をまとめました。

私の親を含め、周りでの出金・解約トラブルはない

まずは私の周辺の方々に「出金や解約をしたことがあるか」「その際にトラブルなどはあったか」をヒアリングしました。

私がエクシア合同会社(EXIA)を紹介した後に懇意にしている方や古い付き合いの投資仲間で、出金や解約をしたことがある人がいました。

出金や解約の理由は家・車の購入など様々でしたが、その際にトラブルはあったかとの問いには全員が「全く無かった」と答えてくれました。

また、身内の話で恐縮ですが、私の親もエクシア合同会社(EXIA)に出資していて解約の経験があったので出金・解約方法を記事にまとめています。

この記事では、解約時に必要な「退社申込書」や解約後に送付される「支払調書」も写真付きで解説していますので、ご参考にしてください。

PB池田
最近はエクシア関連のご相談も増えてきましたが、投資被害にあったという相談はきたことがありません。

ネットやSNSで調査しても実際の被害報告は存在しない

もちろん、私の周辺だけではサンプルが少ないので、調査対象を広げてネットやSNSで被害報告がないか検索してみました。

すると「エクシア合同会社被害者の会」というTwitterアカウントが過去に存在していて、投資被害にあったと発信していたようです。

ただし、このアカウントはエクシア合同会社(EXIA)の投資被害者を装って、別の投資商品に誘導するアンチマーケティングの業者でした。

上記はエクシア合同会社(EXIA)のCEO菊地さんのInstagramから引用したものですが、虚偽の事実を発信したことで法的措置を取られています。

このアカウント以外にもエクシア合同会社(EXIA)を「詐欺」「危険」「投資被害」と貶めるWEBサイトやYouTube、SNSはありました。

ただしそれらは、訴えられないであろうギリギリの表現で誹謗中傷しているだけで実際に投資被害にあったという報告はありませんでした。

PB池田
投資被害の実態が無いのに、何故このような書き込みが後を絶たないのでしょうか?

エクシア合同会社(EXIA)を「詐欺」「危険」「投資被害」と貶めるのはメリットがあるから!

エクシア合同会社(EXIA)を貶めるWEBサイトやYouTube、SNSが存在するのは、そうすることで何かしらのメリットがあるからです。

私が調査した中では、主なメリットは以下の3つです。

エクシア合同会社(EXIA)を貶めるメリット
  1. アンチマーケティングで別商品に誘導
  2. 「いいね」や「視聴数」を稼ぎたい
  3. 金融界隈・投資界隈アカウントの承認欲求

それぞれ具体的に解説していきます!

アンチマーケティングで別商品に誘導

まず多いのは「エクシア合同会社(EXIA)は怪しい」などと発信して、別の投資商品などに誘導しているアンチマーケティングです。

アンチマーケティングとは「知名度のある他者を批判することで、自身の知名度を上げて信用を勝ち取ろう」という手法です。

PB池田
本当に「詐欺被害者を救いたい」と思っているのなら、何故ネット上にゴロゴロある本当の投資詐欺はスルーなのでしょうね…。

つまり、実は彼らは「自分たちに利益のある商品を売りたい」からエクシア合同会社(EXIA)に乗っかっているだけです。

だいたいは嘘ではないギリギリのラインを狙って「エクシア合同会社(EXIA)は○○なので怪しい会社」などと不安を煽っています。

そして「DMで相談乗ります」などと親切な人を装って「こっちなら安心できます」と別の投資商品などに誘導しています。

中には先ほど例に出した「エクシア合同会社被害者の会」のように、完全に嘘の発信をしている悪質なアンチマーケティングも存在します。

「いいね」や「視聴数」を稼ぎたい

こちらもアンチマーケティングの一種ですが「いいね」や「視聴数」を稼ぎたいという意図で、エクシア合同会社(EXIA)を批判している人もいます。

例えばYouTubeでは、特定の企業や人を攻撃する内容で数字を集める投稿者が多数存在しますよね。

普通の企業は他者を貶める手法を取ると消費者の反感を買って、自社商品が売れなくなったりします。

しかし、YouTubeは視聴数さえ稼げれば嫌われようが炎上しようが問題ありません。

なので、法律に触れない範囲で話題になっている企業や人に絡もうとしてきますが、根拠の薄い一般論をそれっぽく言ってることが大半です。

企業や人が抱える問題を事実として指摘することに問題はありませんが、それによって相対的に指摘した人の信用性が増すというのは錯覚です。

PB池田
みんなが切り込めないことに大胆に切り込んでいくなんてカッコいい!なんて思っちゃいますよね。笑

金融界隈・投資界隈アカウントの承認欲求

時折、TwitterなどのSNSで金融や投資に詳しい(と思われる)アカウントが、エクシア合同会社(EXIA)を批判しているのを見かけます。

一見彼らにメリットは無さそうですし、金融・投資界隈では一定の知名度があるので真実を語っていそうですよね。

彼らは何か金銭的な利益を得ているのではなく、エクシア合同会社(EXIA)を貶めることで周りから称賛されたいという承認欲求で書き込んでいるのです。

それで「株式投資で成功している本物の投資家はすごい」とか「大手ヘッジファンド勤務はものが違う」とか言われてキャッキャッしています。

PB池田
実は私もTwitterではそれなりのフォロワーがいる金融アカウントで、普段はその界隈で彼らとじゃれ合っているので気持ちはわかります。

ただ書き込みは「根拠の弱い一般論」で批判している内容なので、みんなから「共感」を得て楽しんでいるだけなのでしょう。

本当にエクシア合同会社(EXIA)が詐欺である確信を得ているのであれば、金融庁や消費者庁にいくはずですよね。

それをしないということは、叩きやすい対象を見つけ出して日々のストレスを解消がてら承認欲求も満たしているというだけなんです。

エクシア合同会社(EXIA)を騙る詐欺には注意!もし投資被害にあったら公的機関に相談!

ここまでの内容で、エクシア合同会社(EXIA)で投資被害はないということがわかりました。

ただし、エクシア合同会社(EXIA)を騙る詐欺は存在するようなので、ご注意ください!

エクシア合同会社(EXIA)に出資する前にここを確認

エクシア合同会社(EXIA)の名を騙る詐欺業者に騙されないために、出資する前に担当者と振込先は必ず確認しましょう!

まず、担当者は公式HPに顔写真付きで公開されていて、その方々以外はあり得ないです。

怪しいなと思う点があれば、本社に訪問して面談するかZoomなどの顔が見えるオンライン面談で対応してもらいましょう。

次に、出資金の振込先がみずほ銀行の「エクシア(ド」名義であることを確認しましょう。

現金で手渡しなどは絶対にありませんし、紹介手数料や購入手数料といった手数料も存在しません。

PB池田
少しでもおかしいなと感じたら、冷静になって考えてみてください。

投資被害にあってしまったら、ネットじゃなくて公的機関に相談すべき

もしも投資被害にあってしまったら、ネットやSNSの「自称被害者の会」や「自称詐欺被害を撲滅したい人」ではなく、公的機関に相談してください。

本当に正義感の強い方々もいらっしゃるかもしれませんが、大半は投資被害者をさらに食い物にしようとしている業者です。

肩書やフォロワー数などは簡単に捏造できてしまうので、それを見分けることに時間をかけるより公的機関の方が圧倒的に安全です。

代表的な相談窓口を紹介しておきますね!

【金融庁】金融サービス利用者相談室

金融庁には金融サービスに関する一般的な質問・相談・意見を受け付けている「金融サービス利用者相談室」があります。

金融庁の相談員が相談に乗ってくれてアドバイスをくれます。

また、情報は金融庁内で共有されるので、今後の投資被害を減らすことにもつながります。

金融サービス利用者相談室に寄せられる主な相談
  • SNSやマッチングアプリなどで知り合った個人から投資勧誘を受けた
  • 知人から情報商材や投資セミナーの紹介を受けた
  • 「必ず儲かる」「元本保証」などと言って株式、社債、暗号資産(仮想通貨)などの取引を持ち掛けられた

【消費者庁】消費生活相談窓口

消費者庁には消費者トラブルに関する相談を受け付けている「消費生活相談窓口」があります。

投資被害であればまずは金融庁でいいと思いますが、消費生活相談窓口でも相談を受けてくれます。

「友人の紹介による投資用USBの儲け話」などが増えているそうなので、注意しましょう!

エクシア合同会社(EXIA)の投資被害のまとめ

今回のまとめ
  • エクシア合同会社(EXIA)で投資被害にあった人は一人もいない
  • エクシア合同会社(EXIA)を貶めるのは別のメリットがあるから
  • エクシア合同会社(EXIA)を騙る詐欺には注意
  • 投資被害にあったら公的機関に相談しよう

エクシア合同会社(EXIA)の投資被害の実態について調査して記事にまとめました。

調査の結論としては、エクシア合同会社(EXIA)で投資被害にあった人は一人もいませんでした。

ただしエクシア合同会社(EXIA)の投資被害者を装って、別の投資商品に誘導するアンチマーケティングの業者などは存在します。

エクシア合同会社(EXIA)が有名になれば、それを利用してメリットを享受しようとする人はどうしても出てきます。

過激な言葉や断言している言葉は一定の関心を集めてしまいますが、冷静に発言の内容を見極めることが大切です。

また念のためですが、エクシア合同会社(EXIA)への出資には元本割れなどのリスクが無いわけではありません。

きちんと説明を聞いたうえで、リスクとリターンのバランスを自身で許容できるのか自己責任で判断しましょう!

PB池田
エクシア合同会社(EXIA)について、もっと詳しく知りたいという場合は、こちらの記事も参考にしてください。
※エクシア合同会社(EXIA)は公式HPでの投資募集はしておりませんのでご注意ください。

何か気になることがあれば、LINEメールで私までお気軽にお問い合わせください。

管理人へのお問い合わせ

管理人ポリシー

当ブログでは様々な資産運用先を紹介していますが、担当者の方に実際に伺った内容を掲載しています。

具体的な投資方法や利回りなどを公開できないところもありますので、気になる記事がありましたらお気軽にお問い合わせください。

こちらからLINEを友だち追加いただくか、以下のメールフォームからご連絡ください。

    お名前 必須

    メールアドレス 必須

    題名 必須

    メッセージ本文 必須

    関連記事 RELATED POSTS