ヘッジファンドが駆使するレバレッジって?絶対収益を実現する仕組みは!

ヘッジファンドはレバレッジを駆使しているって聞くけど、どんな仕組みなの?

そもそもレバレッジって何?

ヘッジファンドは高レバレッジな取引ばかりしているから、リスクが高いって本当?

そんな思いから、こちらの記事に辿り着いたのではないでしょうか?

ヘッジファンドとは、あらゆる投資手法を試みてどんな市場環境であっても利益を出すことを目的とした絶対収益追求型のファンドです。

ほとんどのヘッジファンドが絶対収益追求のためにレバレッジを駆使して運用しています。

レバレッジとはどういう仕組みなのか、基本的なことからメリット・デメリットなど含めて徹底解説します!

PB池田
レバレッジは怖いというイメージがあるかもしれませんが、実はヘッジファンドでは安定運用のためにレバレッジを活用しています。

※そもそもヘッジファンドって何?という場合は、こちらの記事で簡単にヘッジファンドの概要を解説していますのでご参考にしてください。

この記事を書いた人
プライベートバンカー
PB池田
関西出身で外資系コンサル会社に勤める40代の個人投資家。前職は銀行員だったが、転職を機に本格的な資産運用を始める。証券アナリスト・プライベートバンカーの資格を有しており、現職では大手金融機関へのアドバイザリーに従事。職業病で徹底的にリサーチしないと投資できない性格で、ブログでは様々な資産運用先を紹介している。2022年現在、自身の運用資産は7,000万円を超える。

ヘッジファンドが使うレバレッジの仕組みとは?

レバレッジとは直訳すると「てこの原理」という意味ですが、金融取引においては自己資金より大きな金額で取引を行うことを意味しています。

正に自分の加えた力がてこによって何倍にも増幅されるのと同様に、少ない資金で大きな金額の取引ができる仕組みを「レバレッジ」と呼びます。

例えば、上図のように自己資金が200万円の時に2倍のレバレッジをかけると、400万円分に相当する株やFXなどの取引が可能となります。

それってなんの意味があるの?と思われますよね?

簡単に言うと、レバレッジをかけた倍率だけ利益も損失も増えるのです。

具体的には、200万円の自己資金で金融商品に投資して、+1%の運用結果であれば利益は「200万円 × 1% = 2万円」となります。

一方で2倍のレバレッジをかけて400万円で同じ金融商品に投資していたら、利益は「400万円 × 1% = 4万円」と2倍になります。

つまり、レバレッジが5倍、10倍となれば利益も5倍、10倍と増えていきます。

ただし、レバレッジは利益だけが増える夢の仕組みではないので、当然ながら損失を出した場合も同様に増えてしまいます。

仮にレバレッジ10倍で取引していた場合、-20%の運用結果となると損失は-200%、つまり自己資金以上の損失が発生する可能性もあります。

ハイリターンを目指せるのと同時にハイリスクでもあるのがレバレッジをかけた取引です。

PB池田
ヘッジファンドはハイリスクハイリターンなレバレッジの仕組みを上手く活用して資産を運用しています。

ヘッジファンドのレバレッジのメリット・デメリット!

当然のことですが、レバレッジにはメリットとデメリットが存在します。

ただし個人投資家がレバレッジ取引を行う場合とヘッジファンドがレバレッジ取引を行う場合でその内容は異なります。

個人投資家のメリット・デメリットは他にも多くの方が解説しているので、本記事ではヘッジファンドのメリット・デメリットに絞って解説します。

メリット

ヘッジファンドにとってレバレッジのメリットは、市場のボラティリティが低く利幅少ない時でも絶対収益を追求できることです。

個人投資家の場合は最大のメリットは、少ない資金で投資単価の高い金融商品に投資できることだと思います。

具体的には300万円の株式を購入したいときに自己資金が100万円でも、レバレッジ3倍で取引をすれば購入することができますよね。

しかし、ヘッジファンドは数百億円から数兆円規模で資産を運用しているので、単価が高すぎて投資できないことはほとんどありません。

では何故ヘッジファンドはレバレッジを駆使しているのでしょうか?

前提としてヘッジファンドには年間の利回り目標があり、その目標をどんな市場環境でも追及します。

市場が大きく上昇する相場であればレバレッジをかけてリスクを上げなくても目標を達成できますが、あまり動きがないときはそうはいきません。

利幅は少ないけど高い確率で利益が出そうだとヘッジファンドが判断したら、レバレッジを活用して大きな利益を狙います。

つまり、ヘッジファンドは安定した利益を継続して出すために、時にはレバレッジを駆使してリスクをとっているのです。

PB池田
レバレッジを上手く活用できるのは、ヘッジファンドがリスクを厳格に管理しているからです。

デメリット

ヘッジファンドにとってレバレッジのデメリットは、少しの判断ミスで非常に大きな損失を出してしまう可能性があることです。

ヘッジファンドは個人投資家よりもはるかに高い倍率でレバレッジをかけることができます。

そのため、少しでも判断を誤ると個人投資家では考えられないような速度で損失を拡大させてしまいます。

ヘッジファンドは長期的に資産を運用できるので、一時的な損失であれば損失が回復するまで待つことができます。

ところがレバレッジ取引を行うためには保証金を預ける必要があり、その保証金を一定割合以上維持しなければいけないという制度があります。

仮に維持しなければいけない保証金が25%だとすると、400万円の取引をする場合は100万円以上の自己資金を口座に入れておく必要があります。

レバレッジ取引で損失を被って自己資金が維持すべき保証金額を下回ると、追加保証金を入金しなければなりません。

例えば、200万円の自己資金をレバレッジ2倍の400万円で取引していたとします。

その取引の運用成績が-26%となってしまうと、400万円 × 26% = 104万円の損失が出ます。

自己資金が200万円 - 104万円 = 96万円となり、100万円を切ってしまうので追加保証金が発生してしまいます。

もしも追加保証金を入金できなければその時点で強制的に決済されて、損失が確定した状態になります。

最悪の場合は自己資金以上の損失が発生して、ヘッジファンドが持っている他のポジションを解消して補填することにもなりえます。

PB池田
もちろん、そうならないようにヘッジファンドではリスク管理を徹底しています。

ヘッジファンドが高レバレッジというイメージは古い!

レバレッジの良いところも悪いところも包み隠さず解説したのですが、どう感じましたか?

レバレッジは怖い。そのレバレッジを駆使しているヘッジファンドもめちゃくちゃリスクの高い運用をしているのでは?と思ったかもしれません。

確かに過去にはレバレッジを数百倍かけて取引をしているようなヘッジファンドが存在して、実際に破綻しています。

しかしこのような高レバレッジな取引を行うヘッジファンドの破綻は、時に健全な市場の形成を阻害してしまいます。

そのため各国でヘッジファンドを含めた機関投資家のレバレッジに規制をかけて、過度なレバレッジ取引は抑制されました。

ヘッジファンドは高レバレッジというのは過去の古いイメージで、現在ではレバレッジを安定運用のために活用しているファンドが大半です。

PB池田
実際にはレバレッジ無しやレバレッジ2倍未満のヘッジファンドが多いと言われています。

「いやいや、近年でもアルケゴス・キャピタル・マネジメントというヘッジファンドが破綻してニュースになったじゃないか。」

そんな声が聞こえてきそうなので補足しておきます。

実はヘッジファンドの中でも「ファミリーオフィス」であれば、様々な規制や制約から逃れることができるのです。

ファミリーオフィスとは個人の金融資産を管理・運用する投資会社で、元々は資産を増やすというより維持することを目的としていました。

しかし、規制が緩いのをいいことにヘッジファンド出身者が、ファミリーオフィスを立ち上げて高レバレッジな取引をしているのです。

ただし、ファミリーオフィスは外部投資家から資金を集めることはできないので、個人投資家が間違ってファミリーオフィスに投資することは無いでしょう。

PB池田
金融規制はいたちごっこですが、ファミリーオフィスにも今後何らかの規制がかかるかもしれませんね。

ヘッジファンドのレバレッジのまとめ

今回のまとめ
  • レバレッジとは自己資金より大きな金額で取引を行うこと
  • レバレッジは利益も損失も大きくする
  • ヘッジファンドが高レバレッジは古いイメージ
  • ヘッジファンドはレバレッジを安定運用に活用している

ヘッジファンドのレバレッジについてまとめてみましたが、いかがでしたでしょうか?

レバレッジとは、金融取引においては自己資金より大きな金額で取引を行うことを意味していましたね。

少ない資金で大きな金額の取引ができる仕組みなので、利益も損失も大きくなりハイリスクハイリターンな取引です。

実際に過去には、レバレッジを数百倍かけて取引をしているようなヘッジファンドが存在して破綻しています。

ただし現在は規制も厳しく、2倍程度までのレバレッジを駆使して安定運用に努めるヘッジファンドが大半です。

レバレッジはボラティリティの低い相場でもヘッジファンドが絶対収益を追求できるツールとして欠かせない仕組みなのです。

PB池田
優秀なヘッジファンドであれば、リスク管理を徹底して資産を運用しています。

※優秀なヘッジファンドを知りたい場合は、ヘッジファンドのおすすめランキング記事をご参考にしてください。

管理人へのお問い合わせ

管理人ポリシー

当ブログでは様々な資産運用先を紹介していますが、担当者の方に実際に伺った内容を掲載しています。

具体的な投資方法や利回りなどを公開できないところもありますので、気になる記事がありましたらお気軽にお問い合わせください。

こちらからLINEを友だち追加いただくか、以下のメールフォームからご連絡ください。

    お名前 必須

    メールアドレス 必須
    ※携帯アドレスだとこちらから返信できない場合がありますので、PCメールにてご連絡お願いします。

    題名 必須

    メッセージ本文 必須

    関連記事 RELATED POSTS