ヘッジファンド証券の投資を解説!エピックが運用するファンドの評判は?

ヘッジファンド証券はどんなヘッジファンドを取り扱っているの?

公式HPでは「エピック・ヘッジファンド・セレクション1」は販売終了と書いてあるけど、今はどうなっているの?

ヘッジファンド証券の評判や利回りが知りたい!

そんな思いから、こちらの記事に辿り着いたのではないでしょうか?

私もポートフォリオの一つとしてヘッジファンド証券への投資を検討するために、実際に代表者の方と面談してきました。

投資を検討するうえで必要な基本的な情報から、面談でしか聞けない話まで網羅していますので参考にしてください!

この記事を書いた人
プライベートバンカー
PB池田
関西出身で外資系コンサル会社に勤める40代の個人投資家。前職は銀行員だったが、転職を機に本格的な資産運用を始める。証券アナリスト・プライベートバンカーの資格を有しており、現職では大手金融機関へのアドバイザリーに従事。職業病で徹底的にリサーチしないと投資できない性格で、ブログでは様々な資産運用先を紹介している。2021年現在、自身の運用資産は6,000万円を超える。

ヘッジファンド証券株式会社とはどんな会社なのか?

ヘッジファンド証券はヘッジファンドを運用している会社ではなく、その名の通り「証券会社」です。

有名な「エピック・ヘッジファンド・セレクション1」がどうなったのかを含めて解説します!

ヘッジファンド証券はヘッジファンドを専門とする金融商品販売会社!

ヘッジファンド証券はヘッジファンドを専門に取り扱っている個人投資家向けの金融商品販売会社です!

主にはエピック・パートナーズ・インベストメンツ株式会社が運用するヘッジファンドを取り扱っています。

ヘッジファンドとは、高度な取引手法を駆使しどんな市場環境でもプラスの収益を目指すファンドです。

海外ではメジャーな資産運用先ですが最低投資額のハードルが高く、日本国内では主に機関投資家や富裕層が資産運用に活用しています。

公式HPでも大々的に紹介している「エピック・ヘッジファンド・セレクション1」は既に販売終了しているため投資することはできません。

現在は同じ運用会社が運用しているヘッジファンドである「エピック・バリアント・ファンド」を販売しています。

なお、厳密にはエピック・バリアント・ファンドに直接投資できるわけではなく投資組合への出資を通じて間接的に投資することになります。

ただ、投資組合はすべての資金をエピック・バリアント・ファンドに投資するので、実質的には直接投資と変わりません

PB池田
エピック・バリアント・ファンドの投資戦略や利回りは後ほど解説します!

主力商品だった「エピック・ヘッジファンド・セレクション1」は設定来マイナスで償還

公式HPにも記載がある通り「エピック・ヘッジファンド・セレクション1」は2019年3月に償還済で販売を終了しています。

当ファンドは複数のヘッジファンドに投資する公募投資信託だったので公式HPでも情報が公開されていました(現在は削除済)。

投資先は日本株を投資対象とする3つのヘッジファンドで、全てエピック・パートナーズ・インベストメンツ株式会社が運用しているファンドです。

  • プラウィス・オブ・ジャパン・ファンド(2006年10月運用開始)
  • ウィズダム・オブ・ジャパン・ファンド(2009年3月運用開始)
  • レゾルーション・オブ・ジャパン・ファンド(2011年2月運用開始)
PB池田
運用会社と投資対象(日本株)が一緒なので本当の意味で分散投資となっているかは疑問ですが…。

当ファンドは2011年12月の設定から2019年2月まで7年以上運用されてきましたが、設定来-8.87%での償還となりました。

組み込まれているファンドの一つであるレゾルーションが2018年に大幅なマイナス運用となったことが主因だそうです。

当ファンドの運用期間と同時期のTOPIXが+122.19%、日経平均が+154.53%であることを考えると厳しい結果となっていますね…。

運用実績の悪化に伴って資金の流出に歯止めが利かなくなり、純資産総額がピークの5分の1以下に減少したことで償還を余儀なくされました。

現在ヘッジファンド証券が販売している「エピック・バリアント・ファンド」も同じ運用会社ですがファンドマネージャーは違います。

PB池田
この業界にはありがちですが、当時のファンドマネージャーはクビになったそうです…。

エピック・パートナーズ・インベストメンツ株式会社の顧客規模や運用残高

エピック・パートナーズ・インベストメンツ株式会社で運用している全てのファンドの合計運用残高は約278億円です。

ウィズダムは2017年1月で償還していますが、プラウィスやレゾルーションの運用は続いているので合計に含まれます。

また、現在ヘッジファンド証券が販売しているエピック・バリアント・ファンドの運用残高は約69億円となります。

エピック・バリアント・ファンドには1,000~3,000万円程度投資している個人投資家が多いとのことなので顧客は数百人規模でしょう。

ヘッジファンド証券の本社は東京の霞が関!

ヘッジファンド証券の本社は東京の霞が関にある「霞が関コモンゲート西館」の32階です。

東京メトロ銀座線「虎ノ門」駅に直結している霞が関のランドマークビルでとても立派な建物です。

エピック・パートナーズ・インベストメンツ株式会社の本社も同じ場所にあります。

また、ヘッジファンド証券の株式を100%保有している株式会社エピック・グループも同じ場所に本社があります。

このことからヘッジファンド証券とエピック・パートナーズ・インベストメンツはエピック・グループを親会社とするグループ企業と推測できます。

PB池田
おそらく、法規制の観点から販売会社と運用会社を分けているだけだと思います。

エピック・バリアント・ファンドの投資ってどんな仕組み?配当実績はどれくらい?

ヘッジファンド証券が現在販売しているファンドは「エピック・バリアント・ファンド」となります。

エピック・バリアント・ファンドの投資戦略や利回りを詳しく解説します!

エピック・バリアント・ファンドは日本株マーケット・ニュートラル戦略!

エピック・バリアント・ファンドは日本国内の株式を主な運用対象とするマーケット・ニュートラル戦略のファンドです。

マーケット・ニュートラル戦略と言われてもピンと来ないですよね?

この戦略では、ファンドマネージャーは相場が上昇するか下落するかは予測しません

割安な銘柄を一定株数買付け(ロング)して、割高な銘柄を同額だけ空売り(ショート)することでどのような市場でも利益を狙う戦略です。

このように一対一の銘柄間でロングとショートを同額投資する方法はペア・トレーディングと呼ばれています。

ただし、少数の銘柄だけでマーケット・ニュートラル運用をした場合、思惑どおり割高・割安が解消されず損失を出す場合があります。

エピック・バリアント・ファンドではそうならないようにペアを数百パターン作成して、個別株のリスクを分散しています。

ヘッジファンドの数ある投資戦略の中で最もリスクを取らない戦略と言われていますが、その分リターンも低くなります。

エピック・バリアント・ファンドの配当実績・運用利回りってどれくらい?

エピック・バリアント・ファンドの利回りを過去の年は年利で、直近の2018年以降は月利で見ていきましょう!

過去の実績 年利
2011年 + 9.00 %
2012年 – 14.07 %
2013年 + 53.66 %
2014年 + 20.28 %
2015年 + 7.35 %
2016年 + 5.55 %
2017年 + 6.45 %
2018年 月利
1月 + 1.78 %
2月 – 2.45 %
3月 – 2.57 %
4月 – 3.10 %
5月 + 2.95 %
6月 – 2.21 %
7月 + 3.47 %
8月 + 3.47 %
9月 – 3.97 %
10月 – 0.86 %
11月 – 9.20 %
12月 – 2.40 %
2018年Total – 14.76 %
2019年 月利
1月 + 6.79 %
2月 + 0.73 %
3月 + 1.53 %
4月 – 0.11 %
5月 + 0.78 %
6月 + 3.00 %
7月 + 1.94 %
8月 – 1.15 %
9月 + 3.10 %
10月 + 1.78 %
11月 + 0.76 %
12月 + 2.24 %
2019年Total + 23.35 %
2020年 月利
1月 – 0.09 %
2月 + 0.37 %
3月 + 1.24 %
4月 + 4.52 %
5月 + 1.05 %
6月 + 3.64 %
7月 + 4.74 %
8月 + 1.20 %
9月 – 0.26 %
10月 – 1.46 %
11月 – 9.00 %
12月 + 3.07 %
2020年Total + 8.58 %

2011~2020年までの平均年間利回りは約10%ヘッジファンドとしては少し物足りない運用実績となっています。

一般的にはヘッジファンドは年率15%以上の利回りを目標としていますので、投資家もそれを期待してしまいますよね。

とは言え、マーケット・ニュートラル戦略は大きなリターンを狙うのではなく、リスクを抑えてマイナスを出さないように運用しています。

ヘッジファンド証券の代表者も「3年以上投資していただければマイナスで終わる可能性は低い」とコメントしていました。

投資信託のアクティブファンドに投資しているようなものと割り切れれば投資検討の余地があるかもしれません。

また、上記利回りは運用会社の手数料控除後ですが、ヘッジファンド証券の手数料は別途支払う必要がありますのでご注意ください。

より高いパフォーマンスを期待するのであれば、他のヘッジファンドとも比較検討してみてもいいと思います!

PB池田
以下の記事では私のおすすめする国内ヘッジファンドをランキング形式で紹介していますのでご参考にしてください。

エピック・パートナーズ・インベストメンツの代表者やファンドマネージャーはどんな人物?

エピック・パートナーズ・インベストメンツの代表者は武 英松氏です。

武氏は東京工業大学卒業後、日興證券(現、SMBC日興証券)に入社して運用開発部でトレーディングに従事していました。

その後はUSB証券でも運用を経験し、2005年8月にエピック・パートナーズ・インベストメンツの代表取締役に就任しています。

PB池田
日興證券とUBS証券での主戦略はペアトレーディングであり、エピック・バリアント・ファンドの戦略に活かされていますね。


また、公式HPで在籍しているファンドマネージャーが確認できます。

樋口 勝彦氏石井 祐一氏は共に早稲田大学を卒業して大手金融機関で運用に従事していたエリートです。

他にもファンドマネージャーが在籍しているようですが、同水準のメンバーで構成されているとのことです。

PB池田
公式HPに詳しい経歴が記載されているので、興味があれば確認してみてください!

ヘッジファンド証券についてネットの反応は?

ヘッジファンド証券について、個人投資家はどのように評価しているのでしょうか?

SNSの悪い口コミ・良い口コミを紹介!

SNSでヘッジファンド証券やエピック・バリアント・ファンドに関する口コミは見つけられませんでした。

推定顧客数が数百人程度であるため、実際に投資している人からの評価を確認するのは難しいでしょう。

ヘッジファンド証券が運営している会員制のセミナー「鉄壁クラブ」に関する書き込みはあったので、そういった活動は垣間見えます。

PB池田
オンタイムでファンドの状況を知ることは難しそうなので、投資検討の際はヘッジファンド証券と面談して現状を確認しましょう。

ヘッジファンド証券は詐欺やポンジスキームなのか?

ネット上でも「詐欺」や「ポンジスキーム」ではないかという声は聞かれませんでした。

ヘッジファンド証券は第二種金融商品取引業の免許を取得しており、詐欺であることは考えにくいです。

ただし、他の証券会社のように投資家に合うファンドを紹介するわけでなく、エピック社の販売窓口であることをお忘れなく。

PB池田
ヘッジファンド証券はエピック・パートナーズ・インベストメンツの営業会社という認識で問題ないです。

ヘッジファンド証券が紹介するファンドへの最低投資額や手数料など投資方法を解説!

ヘッジファンド証券が紹介するエピック・バリアント・ファンドへの投資の流れを解説します。

最低投資額や手数料もしっかりと確認しましょう!

ヘッジファンド証券が紹介するファンドへの投資方法!

エピック・バリアント・ファンドは私募ファンドのため、投資適格性の確認を兼ねて面談での説明が必須となります。

ヘッジファンド証券の公式HPにお問い合わせフォームがありますので、そちらから問い合わせ可能です。

面談の方法は「本社への訪問」か「Zoomなどのオンライン面談」かを選択することができます。

PB池田
私のときは代表取締役である植頭氏にオンラインで説明いただきました。

ヘッジファンド証券と面談を行ってファンドの説明に納得すれば、口座開設と契約書への署名捺印で契約締結となります。

運用開始日は毎月第1営業日です。

各月末から起算して7営業日前までに申込と口座への入金が完了していれば、翌月初からの運用開始となります。

ヘッジファンド証券が紹介するファンドの最低投資額は1,000万円から!

ヘッジファンド証券が紹介するエピック・バリアント・ファンドの最低投資額は1,000万円となっています。

1,000万円以上で1,000万円単位なので、3,000万円や5,000万円のような投資額になります。

海外の有名なヘッジファンドであれば1億円以上が相場なので、ヘッジファンドの中では比較的低いと言えるでしょう!

PB池田
過去に販売していた「エピック・ヘッジファンド・セレクション1」は最低投資額が100万円だったのでハードルは上がりましたね。

ヘッジファンド証券の手数料は?

手数料種類 手数料額 利回り確定後に手数料が引かれるか?
組合組成手数料 投資額の1.0%(税抜)
引かれる
組合管理手数料 運用額の1.5%(税抜)
引かれる
運用会社の報酬 運用報酬2.0%
成功報酬20%

引かれない

ヘッジファンド証券の手数料は大きく分けて3種類存在します。

組合組成手数料」と「組合管理手数料」と「運用会社の報酬」です。

エピック・バリアント・ファンドの利回りは「運用会社の報酬」控除後なので、ファンドの運用報酬や成功報酬はあまり気にする必要はありません。

ファンドへの手数料以外にヘッジファンド証券への手数料がかかってくるので、直接の投資と比べて二重の手数料となることは注意です。

PB池田
利回りの低い年であれば、販売会社のコストはとても大きなインパクトがありますね。

それではそれぞれの具体的な計算方法を解説しますね!

組合組成手数料

「組合組成手数料」は投資額の1.0%(税抜)です。

投資した時にしかかかりませんが、追加投資した場合には追加分にも適応されます。

例えば、5,000万円投資した場合は「50万円」、1億円投資した場合は「100万円」となります。

組合管理手数料

「組合管理手数料」は運用額の1.5%(税抜)です。

一般的な投資信託における信託報酬と同じ扱いで、投資利益がマイナスの場合でもかかってくる手数料です。

PB池田
運用会社でも管理報酬がかかっているので、ここの二重取りが投資家にとっては重くのしかかります。

運用会社の報酬

ファンドを運用するエピック・パートナーズ・インベストメンツに支払う報酬は以下の通りです。

  • 運用報酬:運用額の2.0%
  • 成功報酬:運用益の20%

これは一般的なヘッジファンドの手数料と同水準となります。

ただし、エピック・バリアント・ファンドの基準価格の算出は上記手数料が加味されているため、利回り確定後に別途徴収されません

ヘッジファンド証券が紹介するファンドで出金・解約するにはどうすればいいの?

ヘッジファンド証券が紹介するファンドの出金・解約方法はとても簡単です。

ただし、解約タイミングや運用益の課税については確認しておく必要があります!

ヘッジファンド証券の出金・解約のルール

エピック・バリアント・ファンドを換金(脱退)する方法は、その旨をヘッジファンド証券の担当者に電話やメールで伝えるだけです。

ただし、ロックアップ期間が6ヶ月なので最低でも6ヶ月は換金(脱退)の申請はできません。

換金(脱退)できるタイミングは月に1回です。3ヶ月に1回や1年に1回のファンドもあるので、出金・解約タイミングは柔軟な方だと思います。

換金(脱退)請求は月の最終営業日の7日営業日前までに行う必要がありますのでご注意ください。

最短では申請した翌月の第6営業日に支払われますが、海外送金の都合で遅延する可能性はあります。

トータルすると申請から支払いまでは1~2ヶ月程度はかかると思っておきましょう!

PB池田
ロックアップ期間は6ヶ月ですが値動きはそれなりにありますので、3年以上は使用する予定のない資金で投資しましょう!

出金・解約時に運用益が出ていれば課税の対象となる!

ヘッジファンド証券で運用益が出た場合の課税について、しっかり押さえておきましょう!

換金(脱退)時の運用益に対して20.315%の所得税及び地方税がかかり申告分離課税となります。

未上場株式の譲渡所得と同様の課税になりますので、単年度に限って他の未上場株式や一般公社債の譲渡所得と損益通算可能です。

ただし、上場株式とは損益通算できませんのでご注意ください。

運用中に含み損益が発生している状態では申告は不要で、最終的な払い戻しの時点で申告と納税が必要です。

公募投信とは違い、ヘッジファンド証券では源泉徴収されませんので、振り込まれた時点では納税できていません。

PB池田
税金の取り扱いは解釈が分かれることもありますので、念のため税理士や税務署に相談してください。

ヘッジファンド証券への投資のまとめ

今回のまとめ
  • ヘッジファンド証券はヘッジファンドを専門とする金融商品販売会社である
  • 「エピック・ヘッジファンド・セレクション1」は設定来マイナスで償還している
  • 現在はマーケットニュートラル戦略のヘッジファンドを取り扱っている
  • 平均年間利回りは約10%とヘッジファンドとしては少し物足りない
  • 直接ファンドと契約するのと比較して二重の手数料を支払うことになる

ヘッジファンド証券について、どんな会社・投資内容なのか気になる点をまとめました。

ヘッジファンド証券は金融商品販売会社であり、ファンドの運用はエピック・パートナーズ・インベストメンツが行っています。

主力商品であった「エピック・ヘッジファンド・セレクション1」が設定来マイナスで償還となったのは残念でした。

現在は同じ運用会社が運用する日本株のマーケットニュートラル戦略のヘッジファンドを取り扱っています。

この戦略はヘッジファンドの数ある投資戦略の中で最もリスクを取らない戦略と言われており、高いリターンは見込めません

そのため、一度でも大幅なマイナス運用となってしまうと、その負け分を取り返すのに長い期間を要するので注意してください。

直接契約できるファンドもあるので、相当なハイパフォーマンスでないと二重に手数料を払ってまで投資するのはコストが割高だと感じますね。

もっとハイパフォーマンスなファンドを求めているのであれば、他のヘッジファンドを比較検討してみてもいいと思います。

記事中でも紹介しましたが、私のおすすめする資産運用先をランキング形式で紹介していますのでこちらもご参考にしてください。

ヘッジファンド証券株式会社の情報

企業概要
企業名 ヘッジファンド証券株式会社
設立 2010年6月9日
本社 〒100-0013
東京都千代田区霞が関3-2-1 霞が関コモンゲート西館32階
代表者 植頭 隆道
資本金 1億6,505万円
事業内容 第一種・第二種金融商品取引業
最低投資額 1,000万円
手数料 「組合組成手数料」投資額の1.0%
「組合管理手数料」運用額の1.5%
運用残高 約69億円(エピック・バリアント・ファンド)
出資者数 不明

管理人へのお問い合わせ

管理人ポリシー

当ブログでは様々な資産運用先を紹介していますが、担当者の方に実際に伺った内容を掲載しています。

具体的な投資方法や利回りなどを公開できないところもありますので、気になる記事がありましたらお気軽にお問い合わせください。

こちらからLINEを友だち追加いただくか、以下のメールフォームからご連絡ください。

    お名前 必須

    メールアドレス 必須

    題名 必須

    メッセージ本文 必須

    関連記事 RELATED POSTS