【投資前に確認】ヘッジファンドの買い方は?おすすめ度順の購入方法!

  • 本記事のランキングに掲載の投資先について

    本記事では様々な資産運用先を紹介しておりますが、クローズドな資産運用先は投資方法などの詳細情報が公開されていません。資産運用先に関するご質問やご相談がありましたら、LINEメールで私までお問い合わせください。

ヘッジファンドに興味があるけど、どうやって買えばいいの?

ヘッジファンドのおすすめの購入方法を知りたい!

そんな思いから、こちらの記事に辿り着いたのではないでしょうか?

ヘッジファンドとは、あらゆる投資手法を試みてどんな市場環境であっても利益を追求することを目的とした絶対収益追求型のファンドです。

ヘッジファンドへの投資は魅力的ですが、どうやったら購入できるのかはあまり知られていません。

買い方によって手数料や手間が大きく違ってくるので、どの購入方法が自分に合っているのかヘッジファンドに投資する前に必ず確認しましょう!

PB池田
私が実際に投資したり面談で聞いた内容をもとに、おすすめの購入方法を紹介しています。

※そもそもヘッジファンドって何?という場合は、こちらの記事で簡単にヘッジファンドの概要を解説していますのでご参考にしてください。

この記事を書いた人
プライベートバンカー
PB池田
関西出身で外資系コンサル会社に勤める40代の個人投資家。前職は銀行員だったが、転職を機に本格的な資産運用を始める。証券アナリスト・プライベートバンカーの資格を有しており、現職では大手金融機関へのアドバイザリーに従事。職業病で徹底的にリサーチしないと投資できない性格で、ブログでは様々な資産運用先を紹介している。2022年現在、自身の運用資産は7,000万円を超える。

ヘッジファンドの買い方(購入方法)はこの5つ!

購入方法 仲介手数料 手間(面談など)
国内ヘッジファンドから直接購入する
無し

全て日本語
海外ヘッジファンドから直接購入する
無し

全て英語
プライベートバンキングを通して購入する
有り

口座開設必要
投資助言会社やIFAを通して購入する
有り

助言会社選定
国内証券会社を通して購入する
高い

全て日本語

ヘッジファンドの購入方法は主に上表の5つとなります。

同じヘッジファンドに投資するとしても、どの方法で購入するかで手数料や手間が変わってきます。

ヘッジファンド投資は資産を増やすことを目的に行うので、特に手数料の差は最終的な運用実績を大きく左右することになります。

PB池田
投資してから後悔することの無いように、投資前にしっかり確認してくださいね。

ヘッジファンドの5つの買い方をおすすめ度順に並べた結果!

5つも購入方法があるなんて、どうすればいいかわからない…。と思われるかもしれません。

それぞれの購入方法にはメリット・デメリットがあるので、それを踏まえたうえでご自身に合った買い方を検討してみてください。

ここでは、私が実際に投資したり面談した内容をもとに、個人的なおすすめ度順に購入方法を紹介していきます!

国内ヘッジファンドから直接購入する

購入方法として一般的ではありますが、国内ヘッジファンドから直接購入するのが手数料と手間の両面から一番のおすすめです。

日本国内を拠点とするヘッジファンドにも、海外の有名ファンドに劣らない優秀なファンドが存在しています。

国内ヘッジファンドから直接購入するメリット・デメリット

メリット
  • 仲介手数料が不要
  • 面談や契約書類など全て日本語
デメリット
  • 自身で運用会社に問い合わせが必要

メリットは、仲介を挟まないので仲介手数料などの無駄なコストがかからないことです。

もちろんファンドごとに成功報酬や管理報酬は必要なコストとしてかかりますが、仲介手数料などはせっかくのファンドのリターンを毀損する原因です。

また、日本国内のヘッジファンドであれば、当たり前ですが面談や契約書面など全て日本語だけで対応してくれます。

私は英語が苦手なので、それだけでも安心感がありました。

デメリットは、自分自身で運用会社に問い合わせて、面談~契約まで行わなければならないことです。

ただし、これはどんな購入方法であっても契約内容を理解するために必要なフェーズなので、ヘッジファンド投資では避けては通れません。

PB池田
最も手間もコストも少ないので、ヘッジファンドが初めての場合でも投資ハードルが低いですね。

海外ヘッジファンドから直接購入する

海外、特にアメリカはヘッジファンド発祥の地なので優秀なファンドも多く、海外ヘッジファンドから直接購入するのもおすすめです。

ただし非常に条件が厳しいので、残念ながらこの購入方法は限られた人にしか使えません。

海外ヘッジファンドから直接購入するメリット・デメリット

メリット
  • 仲介手数料が不要
デメリット
  • 自身で運用会社に問い合わせが必要
  • 面談や契約書類など全て英語

メリットは、国内ヘッジファンドから直接購入する場合と同じで仲介手数料などの無駄なコストがかからないことです。

これについては、海外でも日本でも同じで直接購入のわかりやすいメリットですよね。

デメリットは、面談や契約書類などが全て英語(もしくはファンド所在地の言語)であることです。

私もアメリカのヘッジファンドに投資を検討した際に、友人から契約書を見せてもらったことがありますが専門用語が多すぎて挫折しました。

また、日本とは違いヘッジファンド業界が成熟しているので最低投資額は数億円以上と個人投資家にはかなりハードルが高い設定です。

PB池田
このあたりのデメリットが全然問題ないよいう場合は、是非海外のヘッジファンドに挑戦してみてください。

代表的な投資先

代表的なアメリカのヘッジファンドは、ブリッジウォーター・アソシエイツ、ルネッサンス・テクノロジーズ、ミレニアム・マネジメントなどです。

ググればすぐに出てきますし、金融関係のニュースを見る方であれば名前を目にしたことはあるかもしれませんね。

どのファンドも素晴らしいのですが、原則は機関投資家のみを対象としていたり新規の投資家を受け付けていない場合がほとんどです。

保有資産条件など厳しいハードルを越えられたら、タイミングによっては投資できる可能性もあるので最新情報を確認してください。

ただし、情報そのものが日本の個人投資家に降りてくることはほとんどないので、現実的ではないというのが正直なところです。

PB池田
ご参考までにアメリカのヘッジファンドをまとめているので、ご興味あればご覧ください。

プライベートバンキングを通して購入する

海外籍のプライベートバンキングはヘッジファンドとのコネクションがあるので、プライベートバンキングを通して購入する方法もあります。

プライベートバンキングとは、銀行が主に高額所得者や多額の資産を持つ富裕層に提供する金融サービスのことです。

プライベートバンキングは富裕層のみを対象としているので誰でも利用できる方法ではありません。

プライベートバンキングを通して購入するメリット・デメリット

メリット
  • ヘッジファンドの情報を提供してくれる
  • 問い合わせや契約も代行してくれる
デメリット
  • 手数料がかかる
  • 紹介できるファンドは限られている

メリットは、ヘッジファンドの情報を提供してくれることと契約などの事務を代行してくれることです。

ヘッジファンドは私募で情報を公開していないため、情報を提供してもらえるのは助かります。

また、煩わしい問い合わせや契約も代行してくれるので、運用を全て任せたいという場合は一つの選択肢です。

デメリットは、口座の維持に手数料が必要となることです。

口座残高の数%が手数料として取られるので、せっかくのヘッジファンドのリターンが減少してしまいます。

また、プライベートバンキングは保守的に資産を運用するので、紹介できるヘッジファンドも保守的なファンドが多くなります。

PB池田
多額の資産があり運用は一任したいのであれば検討してみましょう。

代表的な投資先

代表的な海外籍プライベートバンキングの日本法人は、UBS SuMi TRUSTウェルス・マネジメント、クレディ・スイス証券などです。

UBSと三井住友信託銀行が提携したUBS SuMi TRUSTウェルス・マネジメントの口座開設条件は、2億円相当以上の金融資産を預けられることです。

また、UBS SuMi TRUSTウェルス・マネジメントの口座開設条件は、5億円相当以上の金融資産を預けられることです。

口座開設条件は厳しいものの、資産運用以外の相談にも乗ってくれるなど相応のサービスを提供しています。

PB池田
資産を増やすというより保全に注力しているので、ヘッジファンドとは相反する思想となってしまうのは残念です。

投資助言会社やIFAを通して購入する

ヘッジファンドを紹介している投資助言会社やIFAを通して購入するという方法もあります。

投資助言会社はその名の通り、投資の助言をしてくれる会社です。

また、IFAは銀行や証券会社に属さず、独立した立場でアドバイスをしてくれるファイナンシャルアドバイザーのことです。

投資助言会社やIFAを通して購入するメリット・デメリット

メリット
  • ヘッジファンドの情報を提供してくれる
デメリット
  • 良い投資助言会社やIFAを探す手間がかかる
  • 手数料がかかる
  • 紹介できるファンドは限られている

メリットは、プライベートバンキングと同様にヘッジファンドの情報を提供してくれることです。

ただし、あくまでも情報を提供してくれるだけなので契約の代行などはできません。

海外のヘッジファンドであれば、英語での面談や契約になることは認識しておきましょう。

デメリットは、投資助言会社やIFAはかなりピンキリなので、そもそも良い投資助言会社やIFAを探す手間がかかることです。

特にIFAは2020年1月に業界団体が設立したばかりで、各社サービスの質も異なる可能性が高いので注意が必要です。

また、助言手数料などの名目で手数料が必要で、ヘッジファンドのリターンを減少させてしまいます。

PB池田
どんなヘッジファンドを紹介してくれるかは、投資助言会社やIFAの実力次第となります。

代表的な投資先

代表的な投資助言会社は、ヘッジファンドダイレクト株式会社です。

海外のヘッジファンドを専門に取り扱っているので、契約書などは全て英語となります。

ただし、重要事項は日本語でサマリーしてくれたり、英語に強い行政書士を紹介してくれたりといったサポートはあります。

紹介しているヘッジファンドはタイミングによって異なるので、興味があれば問い合わせてみてください。

PB池田
金融庁から行政処分を受けてしまった過去がありますが、現在は体制を整えて事業を行っているようです。

詳細はこちらの記事にまとめていますので、ご興味ありましたらご覧ください。

国内証券会社を通して購入する

国内の証券会社はヘッジファンドを取り扱っていないので、厳密にはヘッジファンド型投資信託となりますが購入することができます。

ヘッジファンド型投資信託とは、投資信託の規制の範囲内でヘッジファンドのように絶対収益の追求を試みる投資信託です。

純粋なヘッジファンドではないので、ご注意ください。

国内証券会社を通して購入するメリット・デメリット

メリット
  • 普段利用している証券会社でも購入できる
  • 全て日本語で契約できる
デメリット
  • 手数料が高い
  • そもそもヘッジファンドレベルのハイリターンではない

メリットは、普段から利用している証券会社でも購入できるので、心理的に購入ハードルが低いことです。

国内の証券会社でインデックスファンドなどの投資信託と購入するのと同じ手続きなので、もちろん全て日本語対応です。

最低投資額も他の投資信託に比べると高いですが、数百万円からとヘッジファンドと比較するとかなり低めの設定となっています。

デメリットは、様々な仲介コストがかかっているのでもはやヘッジファンドと言えるような高リターンは期待できないことです。

プライベートバンキングや投資助言会社やIFAでも仲介コストがかかっていましたが、国内証券会社ではそれにプラスで手数料がかかります。

一般的な国内証券会社の投資信託の手数料の内訳は、購入手数料、信託報酬、信託財産留保額などです。

購入手数料は、プライベートバンキングや投資助言会社やIFAと同じようなものと考えていいでしょう。

しかし、信託報酬や信託財産留保額はヘッジファンドを投資信託に仕立て上げるコストとして、上乗せでかかってくるコストです。

PB池田
手数料が多重にかかって、個人投資家の最終的な利益が非常に少なくなる購入方法となります。

代表的な投資先

代表的なヘッジファンド型投資信託を扱っている国内証券会社は野村證券です。

投資信託の格付などを行っているモーニングスターが、国内投資信託の中でカテゴリを「ヘッジファンド」としているものをヘッジファンド型投資信託とします。

野村證券では野村アセットマネジメントが運用しているヘッジファンド型投資信託「ノムラ・グローバルトレンド」を取り扱っています。

ノムラ・グローバルトレンドは世界各国の先物取引で絶対収益を追求しています。

ノムラ・グローバルトレンドの購入手数料は3.3%、信託報酬は3.345%+成功報酬、信託財産留保額は0.3%とやはり中間コストが高額となっています。

PB池田
運用成績についても、ヘッジファンドに期待するリターンとは程遠いのが現状です。

おすすめの買い方(購入方法)は国内ヘッジファンドから直接購入すること

ここまでヘッジファンドの買い方を紹介してきましたが、やはり結論は国内ヘッジファンドから直接購入することがおすすめです。

もちろん、海外ヘッジファンドから直接購入する方法も、保有資産条件や英語力に懸念が無ければ非常に魅力的です。

ただ、私を含めて日本でサラリーマンをやっている兼業投資家からすると、両方のハードルを越えるのはなかなかしんどいのではないでしょうか?

また、プライベートバンキングや投資助言会社やIFAは仲介コストが重いので、ヘッジファンドの魅力的なリターンが減少してしまいます。

Amazon、楽天市場、ヤフーショッピングよりも公式HPの方が安い商品ってちょこちょこありますよね?

業界が違うので上手い例えにはなってないかもしれませんが、同じような感覚だというイメージだけでも伝われば幸いです。

ここで唯一問題となるのは、国内ヘッジファンドから直接購入すると言ってもどのヘッジファンドが優秀かわからないということかと思います。

それについてはご心配なく。

今は国内ヘッジファンドに投資している人も増えてきましたし、ネットで検索すれば情報も出てきます。

調べてみて、まずは気になったファンドに話を聞いてみるのが一番でしょう。

PB池田
私も実際に投資したり面談した経験をもとにおすすめのヘッジファンドをランキングにしているので、ご参考にしてください。

ヘッジファンドの買い方(購入方法)のまとめ

今回のまとめ
  • ヘッジファンドの購入方法は仲介手数料と手間で評価する
  • 特に仲介手数料は利益に直結するので要注意
  • おすすめの買い方は国内ヘッジファンドから直接購入すること

ヘッジファンドの買い方(購入方法)についてまとめてみましたが、いかがでしたでしょうか?

ヘッジファンドには様々な購入方法がありましたね。

どの買い方にするかで仲介手数料や手間が変わってくるので、ヘッジファンドに投資する前にしっかり確認しましょう。

特に仲介手数料は無駄なコストで、せっかくのヘッジファンドの高リターンを減少させる要因となります。

国内ヘッジファンドから直接購入すると仲介手数料もありませんし、全て日本語で対応してくれるので投資ハードルも低くおすすめです。

PB池田
ヘッジファンドでの資産運用はお金を増やすことを目的としているので、最終的な利益が大きくなる方法で購入しましょう。

※優秀なヘッジファンドを知りたい場合は、ヘッジファンドのおすすめランキング記事をご参考にしてください。

管理人へのお問い合わせ

管理人ポリシー

当ブログでは様々な資産運用先を紹介していますが、担当者の方に実際に伺った内容を掲載しています。

具体的な投資方法や利回りなどを公開できないところもありますので、気になる記事がありましたらお気軽にお問い合わせください。

こちらからLINEを友だち追加いただくか、以下のメールフォームからご連絡ください。

    お名前 必須

    メールアドレス 必須
    ※携帯アドレスだとこちらから返信できない場合がありますので、PCメールにてご連絡お願いします。

    題名 必須

    メッセージ本文 必須

    関連記事 RELATED POSTS